九州北部豪雨災害支援の報告です(3月19日~23日)

【3月23日(土)】

<頓田食堂>
・本日の当番は、グリーンコープでした。ワーカーズ「奏」(共同体組合員事務局)に担っていただきました。手際よく調理をされていました。

・メニューは、ごはん、豚汁、肉じゃが、小松菜と厚揚げのおひたし、漬物(東京べったら漬、ぬか漬けたくあん、月山の赤かぶ漬)

 

<~7,5あの日の記憶~ 未来への伝言(シンポジウム)>
・本日、杷木らくゆう館で未来への伝言(シンポジウム)で、グリーンコープ生協ふくおかの三原理事長が「災害復興と協同のこころ」をテーマに講演されました。
・2017年7月の災害発生から現在までの支援活動報告の様子を報告されました。多くの方より、これまでのグリーンコープの支援活動に感謝の言葉をいただきました。
・開場前(休憩時)には、白木湧水の水で淹れたコーヒー(グリーンコープ商品)が来場者へ振舞われました。

 

<本日の支援者>
・(頓田食堂)ワーカーズ奏(共同体組合員事務局):4名、筑豊支部:1名
・(シンポジウム)本部:1名、久留米支部:1名

 

 

【3月19日(火)】

<支援物資のお届け、他>
・「春野菜を育てませんか」の予約注文分の花の苗、野菜の苗・種、資材等を配達しました。お届け先は、東峰村仮設住宅12軒、林田仮設住宅31軒、頓田仮設住宅11軒でした。
・お会いできた方からは、「いつもすみません。ありがとうございます。」と感謝の言葉をいただきました。

 


九州北部豪雨災害支援一覧へ

2019年3月25日

TOPへ