九州北部豪雨災害支援の報告です(3月1日・2日)

【3月2日(土)】

<頓田食堂>
・甘木店の調理室、食材、運搬等の支援をしました。
・メニューは、梅ごはん、味噌汁、豚味噌漬け、胡瓜の酢の物、ブロッコリーのポン酢味、切り干し大根、マンゴープリンでした。

 

 

【3月1日(金)】

<白木復興支援協議体定例会>
・毎月定例で行われている、小水力発電の定例会に参加しました。
・先日の植樹祭での桜の苗や炊き出し食材の支援にお礼の言葉をいただきました。
・3月23日(土)の「『7,5あの日の記憶』未来への伝言」のシンポジウムに、グリーンコープ生協ふくおかからの報告も依頼を受けました。

 

<支援物資、他>
・先週配付していた「春野菜を育てませんか」の注文用紙を東峰村仮設、林田仮設、頓田仮設から回収しました。沢山の注文があり、3月中旬にお届けする予定です。

 

<朝倉・頓田仮設を見守り隊役員会>
・本日19時より、朝倉・頓田仮設を見守り隊の役員会が開催されました。冒頭、グリーンコープ側から社会福祉法人グリーンコープの後藤専務理事と西原経営委員及び福祉事業部の担当職員も出席し、今後の地域づくりについての意見交換を行いました。シェアハウス・グループホームなどの自由な意見が出されましたが、加えて近い将来は必ず介護が必要になっていくことを共有しました。今後は、サロン活動等を通して、アンケートをとっていくこととしました。
・役員会では、仮設住宅がある間は頓田食堂を継続していくこと、行政から高齢者訪問時の同行支援、転居(引越し)支援、転居後の公営住宅でのコミュニティづくりの支援を協働助成事業として追加していくこととしました。

 

<本日の支援者>
・ふくおか本部…2名、社会福祉法人グリーンコープ…2名

 


九州北部豪雨災害支援一覧へ

2019年3月5日

TOPへ