グリーンコープ生協おかやまとひろしまから現地の被災・支援状況が届きました(12月10日~16日)

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

◆12月16日(日)

真備市場仮設団地でのサロン
・大阪大学大学院人間科学研究科の方々が開催される真備市場仮設団地でのサロンに参加しました。

・当日は物資の配布コーナー、喫茶コーナー、足湯コーナーを設けて、終始和気あいあいとした雰囲気でした。

 

 

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

◆12月15日(土)

「まきび荘」での振り返りと勉強会
・最後の避難所である倉敷市真備にある「まきび荘」が閉所になったために、これまでまきび荘に携わった団体、市役所職員で、片づけとこの間の振り返りと今後に向けた勉強会を行いました。
・まきび荘は、病気をされている方、障がいをお持ちの方を受け入れるための「第二避難所」として設定されており、看護師が付き添った手厚い避難所運営ができたのではないかと振り返りました。また、民間の団体と市役所職員が連携して運営できた点も、今後災害が起きた場合の避難所運営に活かすことができると思いました。

 

 

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

◆12月13日(木)

安浦応急仮設住宅買い物支援
・本日は、天気は良かったのですが、時折冷たい風が強く吹く寒い一日でした。呉市役所から今後の住宅再建に向けての各戸面談を行っていることもあり、買い物に来られる人数は少なかったです。
・明日行われる注連(しめ)飾り作りの際に配っていただけるよう、ささえあいセンターの方に、祝い箸と飾り餅を全世帯分、注連飾り作りに参加できないお宅のための注連飾りをお届けしました。

 

調理器具セットのお届け
・先週ようやく自宅のキッチンを直して使えるようになったという組合員宅を訪問し、福祉ワーカーズの皆さんからのカンパで購入していた調理器具セットをお渡ししました。
・災害から約5ヵ月間自宅での調理ができず、やっとご飯を作ることができるようになったことに合わせ、セットをお届けできて良かったと思いました。組合員からも、とても喜ばれました。

 

12月11日の「おてランチ」
・12月11日に呉市の寺院で開催された「おてランチ」にハンバーグや味噌汁の食材などを支援し、その時の写真が届きました。

 

 

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

◆12月11日(火)・12日(水)

リサイクル衣類の配布会
・倉敷市の呉妹幼稚園で、園児のご家族と呉妹小学校の児童のご家族、ご近所の方を対象に、リサイクル衣類の配布会を開催しました。2日間で14人、82点の衣類をお渡しすることが
できました。
・「とてもありがたい」「助かった」など多くの感想をいただきました。衣類の配布会は大変喜ばれますので、今後も継続していきたいと考えています。

 

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

◆12月10日(月)

【総社市西仮設団地】
・「0の日イベント」を行いました。組合員3名の参加があり、今回のメニューは坦々うどんでした。今回より、総社市から近隣の「みなし仮設」の方々にも声を掛けていただき、15名の参加となりました。組合員が考えた坦々うどんが大好評でした。

 

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

◆12月10日(月)

【小屋浦、坂町平成ヶ浜買い物支援】
・本日は、福祉ワーカーズはぁーとネットからワーカー2名、職員2名の4名で行いました。
・小屋浦は、現地に到着後、すぐに集まって来られた方に、ワーカーさんがコーヒーを勧めてお店を準備する間、色々と話をしてくださいました。毎週来られる方も少しずつ増えているように思います。「このお店が来てくれることがほんとうにありがたいんよ」とおっしゃって下さる方もいました。
・坂町平成ヶ浜は、3名と少なかったですが、皆さん買い物をした後に、コーヒーを飲みながらゆっくり話をしていかれました。買い物に来られる方も増えましたが、初めに比べると座って話をしていかれる方が増えたなと感じました。

 


西日本豪雨支援一覧へ

2018年12月27日

TOPへ