熊本地震復興支援10月8日~13日の報告です

【10月13日(土)】

テクノ仮設秋祭り
・テクノ仮設秋祭りに出店しました。グリーンコープ生協くまもとの理事長をはじめ組合員6名、職員が4名、災害支援センタースタッフ4名の計14名の体制でした。焼きそば、カレー、焼ウインナーを販売しました。
・天気は良かったのですが、学校行事の関係で子どもがほとんどきておらず、参加者が少なかったです。

 

 

【10月12日(金)】

(1)田崎商店への惣菜のお届け

(2)南阿蘇村の元学生寮と高森町のペンションへの支援物資のお届け

(3)テクノ仮設秋祭りの準備
・13日(土)開催のテクノ仮設秋祭りの準備をしました。組合員9名が食材の下ごしらえをしました。

 

 

【10月11日(木)】

(1)元気カーによる移動販売
・4ヵ所で移動販売をしました。
・立野地区の移動販売は2回目でした。本日も地区をアナウンスして回りました。先週の初回は18名で今回は15名の方に来ていただき良かったです。初めての方も数名いらっしゃいました。「先週買った牛乳が美味しかったので買いにきました」という嬉しい反応もありました。

 

(2)東無田食堂
・東無田食堂を開催しました。本日のスタッフはグリーンコープの関係者7名、地元のボランティアの女性5名でした。
・メニューは、串カツ、牛肉コロッケ、豚汁、サラダ、果物で、37名の方にきていただきました。最近は12時になると一斉に集まってこられ12時30分頃にはほぼ終了するようになりました。
・テレビの取材で来られた有名なタレントさんが「これはおいしい。仮設のみなさんのために自分たちで食堂をすることはすばらしい」と話されていました。

 

 

 

【10月10日(水)】

(1)元気カーによる移動販売
・6ヵ所で移動販売をしました。
・仮設の入居者が減ってきたようで、町の中心から離れている仮設は入居率が低く、町に近い仮設と大型仮設は町の中心から離れている仮設より入居率が少し高いようです。見なし仮設からの転入があるようすです。

(2)惣領仮設で打合せ
・惣領仮設で11月2日開催の手づくりみそイベントの打合せをしました。その際に、西日本豪雨で被災された方のためにぞうきんを縫われていましたので、グリーンコープ生協くまもと県央東地域本部の竹内理事長が受け取り、グリーンコープ生協おかやま・ひろしまを通して西日本豪雨被災地に届けられる予定です。

 

 

【10月9日(火)】

(1)被災者宅の木の伐採
・9月25日(火)に行った、軒先避難されているお宅の木の伐採作業の続きをしました。残り4本を伐採し、前回時間的に処分できなかった分と合わせてトラック5台分をクリーンセンターへ運びました。本日で作業を終了しました。

・終了間際に依頼者が見にこられ、すっきりした様子に本当に喜んでいらっしゃいました。「グリーンコープさんにお願いするときれいに仕事をされるのでうれしいです」と話されこちらも頑張って良かったと思いました。

 

【10月8日(月)】

(1)元気カーによる移動販売
・5ヵ所で移動販売をしました。
・5ヵ所のうち4ヵ所は曜日を変更して2週目になります。1ヵ所の常連の方は、農業をされているためお忙しいようですが、他の仮設は曜日変更による影響は少ないようです。

(2)田崎商店への惣菜のお届け

 


熊本地震支援一覧へ

2018年10月16日

TOPへ