九州北部豪雨災害支援の報告です(10月1日~6日)

【10月6日(土)】

<頓田食堂>
・グリーンコープからは、甘木店調理室の貸し出し、食材、運搬の支援をしました。

 

<宮野仮設食事会>
・10月7日(日)食事会分の食材を支援しました。

 

【10月4日(木)】

<見守り訪問>
(1)甘木のみなし仮設にお住まいの方
・男性のお一人住まいです。今回もお元気な様子でした。昨日は呼子の方へ魚釣りに行かれてた様子で、魚釣りの話で盛り上がりました。お勤めをされていた頃は別の市に住んでおられ、よく魚釣りに行かれていたとのことでした。行ける時は月に1~2回くらい魚釣りを楽しんでいらっしゃる様子でした。9月23日の寺院でのファイバーリサイクル(衣類のリサイクル)市で洋服と靴を買ったよと笑顔で言われていました。

(2)頓田のみなし仮設にお住まいの方
・6月に怪我をされた右ひざはだいぶ良くなられ車にも乗れるようになったとのことでした。今後の住まいのことも息子さん達と福岡市内で同居をするのか、朝倉市の復興支援住宅に住むのかなど相談されている様子でした。しかし、現在のみなし仮設が病院やお買い物にも非常に便利なことや松末にいた時のお友達の方も来てくれたりするので、どようしようか悩ましい様子でした。11月3日のサンライズの食事会を案内しましたら、ちょうど今日、ハガキに出席と書いたところでしたと言われていました。前回は怪我で行けなかったので今回は楽しみにしていますとのことでした。

(3)杷木古賀の自宅に戻られた方
・ご本人は今日もお変わりなくお元気な様子でした。家に上げていただき、お茶やくだものをいただきながらいろいろと話も弾みました。4年後くらいに家のすぐ横を流れている川の拡張が計画されているとのことで、そうなると立ち退きをしないといけないようでした。

(4)うきは市吉井町のみなし仮設にお住まいの方
・今日も顔色もよくお元気にされている様子でした。前回は団地のまわりだけを散歩されているとのことでしたが、今は近隣を2~3km歩くようになったとのことでした。今の住まいの場所にもだいぶ馴染んでこられているようですが、ゆくゆくは杷木に戻って暮らしたい想いがおありの様子でした。11月3日のサンライズの食事会の案内をしましたが、まだハガキが届いていない様子でした。今回も是非行きたいと言われていました。

<本日の支援者>
・筑紫支部…1名

 

【10月3日(水)】

<見守り訪問>
(1)朝倉市須川の自宅にお住まいの方
・今日は柿の収穫をされていたようで、お変わりなくお元気な様子でした。9月23日の寺院での衣類のリサイクル市に行かれ、お気に入りの洋服を購入されたそうです。安く購入でき、ありがたいと感謝されていました。次回11月3日も行ってみようと言われていました。これから柿の収穫で忙しくなることなど、他にもいろんな話で盛り上がりました。

(2)朝倉市杷木松末の自宅で被害にあわれた方
・現在はうきは市のみなし仮設住宅にお住まいで、今日は松末の自宅の銀杏畑にお手伝いの方がこられるとのことで、自宅の方に訪問しました。ご本人はお変わりなくお元気な様子でした。
・自宅がある地域は今も特別避難地域のため住むことはできず、銀杏の収穫などでみなし仮設住宅と行き来されている様子でした。自宅はボランティアの方に一部分畳を敷いてもらったとのことですが、今後どうなるかわからないので修理することは見合わせているとのことでした。

 

(3)朝倉市杷木松末の自宅で被害にあわれた方
・現在は杷木池田のみなし仮設(公営住宅)にお住まいで、この何日間か風邪をこじらせて、誰ともしゃべる機会もなくストレスが溜まったとのことでした。来年3月で83歳を迎えるそうです。私たちが来るのを楽しみにしてくださっていて、準備されていた手作りの卵入りの寒天ゼリーをご馳走になりました。また、地域のいきいきサロンが先週開催され、参加してきたことを楽しそうに話されていました。そして、11月3日のみなし仮設対象の食事会へも、その場で参加申込みのハガキを私たちに提出され、楽しみにされている様子でした。

(4)朝倉市杷木東林田の自宅で被害にあわれた方
・現在は自宅近くの杷木林田のみなし仮設(公営住宅)にお住まいで、病院通いと畑作業が日課とのことでした。畑作業をしていることを楽しそうに話されていました。日々、病気しないようにしているそうです。お元気そうで良かったです。

 

(5)朝倉市杷木上池田の自宅で被害にあわれた方
・現在は杷木下池田のみなし仮設住宅にお住まいで、1ヶ月ほど前、畑作業から帰宅中、転倒して左腕を骨折し、不自由な生活を強いられていたそうですが、今は元気に過ごされていました。昨日、自宅隣の子どもさんから小学校の運動会に誘われて見に行ったこと、先週、皇族の方が杷木に見えられたことを楽しそうに話されていました。こちらもお元気そうで良かったです。

 

(6)朝倉市多々連の自宅で被害にあわれた方
・現在は朝倉市大内町の公営住宅にお住まいです。一度、みなし仮設に入居され、その後、娘さんの自宅に移られていましたが、諸事情で、朝倉市に戻られています。したがって、みなし仮設扱いにはならず、個別支援を行ってきた経過から見守り訪問をしています。何とか生活は落ち着いてきたようですが、仕事をしなければならない焦りも見受けられました。しかし、年齢的に難しい状況もあり、暫く見守り訪問を継続します。

 

(7)朝倉市黒川の自宅にお住まいの方
・ご夫婦2人でお住まいで、奥様の体調が良くないので、ご主人が家事全般をされています。週に2日間ほどは、息子さんご夫婦や入浴介護でホームヘルパーの方が訪問されているとのことです。お元気な様子ですが、今週末の台風を心配されていました。

 

(8)朝倉市佐田の自宅にお住まいの方
・現在は、自宅に戻られて1人住まいですが、同じ集落の方々が豪雨災害後、みなし仮設・仮設住宅に移られて、4~5世帯になったそうです。お買い物等は、定期的に車で行かれており、不自由なく生活されているとのことでした。今週末の台風を心配されていて、避難勧告が出たら近くの避難所(公民館)に避難するとのことでした。

 

(9)朝倉市西林田の自宅にお住まいの方
・2ヶ月前に奥様が退院され、ご夫婦2人でお過ごしでした。奥様の体調(両足に持病あり)が思わしくないので、ご主人が家事全般をされているとのことでした。これまでのグリーンコープの支援に対して、奥様からも感謝の言葉をいただきました。「少しずつですが、無理せずに過ごしていきます」と、ご夫婦ともお元気な様子でした。

 

(10)朝倉市頓田のみなし仮設に移られた方
・90歳代のご夫婦で、本日の午前中も自宅(黒川)の田んぼで稲刈りをされ、帰宅されたところでした。自宅の田んぼの約半分以上が、豪雨で流され無くなってしまったとのことでした。ご夫婦とも元気に過ごされていました。毎週末、仮設住宅頓田団地で開催している頓田食堂をご案内しました。

<本日の支援者>
・大牟田支部…1名
・登録ボランティア…久留米支部(2名)

 

【10月1日(月)】

<頓田食堂>
・18時より定例の頓田食堂役員会を開催しました。
・各グループの9月の反省と12月までの食堂当番を確認しました。また、年末の餅つきについての進め方等を検討しました。

 

<本日の支援者>
・ふくおか本部…1名

 


九州北部豪雨災害支援一覧へ

2018年10月9日

TOPへ