九州北部豪雨災害支援の報告です(9月15日)

 

【9月15日(土)】

<広島災害支援>
・西日本豪雨災害で土砂災害に遭われた安芸郡坂町坂西の個人宅の土砂のかき出しを行っているグリーンコープひろしまに合流して作業を行いました。
・河川の氾濫による家屋への土砂の入り込みの被害は想像以上に甚大でした。まだ手付かずの家屋が多く見受けられ、継続した支援の必要性を感じました。

 

<頓田食堂>
・本日の当番は、グリーンコープのファイバーリサイクル事業を担う労働協同組合ゆうあい福岡が担当しました。オプションで小物の支援販売も行いました。

 

・メニューは、「とり団子汁、たまごの袋煮、ぶた肉ロールカツ、里芋といかの煮物、イワシの蒲焼、もやしとほうれん草の和え物、ミルクコーヒーゼリー」でした。


・小物の支援販売は、一つ100円、200円で販売し、32,842円の売り上げになりました。皆さんに大変喜ばれました。

 

<本日の支援者>
・HAGEMASU隊…6名、杷木林田仮設より…3名
・登録ボランティア…中遠支部(1名) 、福岡西支部(1名)、小倉南支部(1名) 、久留米支部(1名)
・労働協同組合ゆうあい福岡…4名
・南地域本部…1名、グリーンコープ生協ふくおかの職員…16名

 


九州北部豪雨災害支援一覧へ

2018年9月17日

TOPへ