九州北部豪雨災害支援 の報告です(7月26日)

【7月26日(木)】

<見守り訪問>
・甘木のみなし仮設に移られた方への見守り訪問を行いました。
杷木寒水で被災され、その後、杷木中学校に避難され、昨年9月末から甘木のみなし仮設に移られました。
当初は落ち着かないようでしたが、現在は、毎日仕事をし充実されているようで、お元気そうな表情でした。
「グリーンコープがここまで支援してくれるとは思っていなかったが、いまだに支援してもらってありがたい」とお礼の言葉をいただきました。

・自宅は朝倉市多々連(自宅は全壊、自宅の解体も終了)で、被災後、甘木のみなし仮設に移り、家族から勧められて一時は家族と一緒に住んでいたが、甘木に戻ってこられた方に、そうめん・つゆ・魚缶詰・炊飯ジャー・お米をお届けしました。
暑い日が続いて、昨夜は熱中症になりかけていたとのことでした。
訪問した際は、お元気な様子でしたが、家にいるときも室内のクーラーをつけて、熱中症にならないように気をつけるとのことでした。

<明日の支援内容>
・7月29日(日)仮設住宅林田団地のバーベーキュー準備ほか

 


九州北部豪雨災害支援一覧へ

2018年7月27日

TOPへ