亘理のトマトが、突風で砂をかぶり、葉が枯れてしまいました

いちごの一大産地だった宮城県亘理町では震災後、塩害に強い加工用トマトを植えています。収穫したトマトはジュースやケチャップに加工され、地元でも人気の商品になっています。
今年も順調に生育していましたが、6月4日、突風により砂嵐のようになりました。葉に砂が付き、全体の3分の2の株がダメージを受け枯れかけています。
今後の生育が心配されますが、茎が大丈夫であれば、新しい葉が茂ってくるでしょう。しかし、生育したとしても、収穫は1ヵ月以上遅れそうです。復活を願って見守りたいと思います。

 

 

順調に生育していたトマト

 

砂嵐で葉が枯れてしまいました

 

2015年6月10日

TOPへ