「ゆめハウス」の農場では、果樹や野菜が順調に生育しています

宮城県女川町の「一般社団法人コミュニティスペースうみねこ」は、被災者の自立を支援するため、女川町高白浜で果樹園「ゆめハウス」を運営しています。 
瓦礫だらけだった荒地でしたが、仮設住宅に住むみなさんが一生懸命に石を拾い瓦礫をかたづけ土を耕し、見事な果樹園になりました。 
これから果樹園の加工場の建設、ハーブ園開設、被災者の働く場、憩いの場としてさらに生まれ変わっていきます。

 

 
7月17日 津波にも負けなかったいちじくが、
今年も実をつけました。
 
7月17日 かぼちゃもすくすく育っています。




7月17日 激辛唐辛子も育てています。

 

2014年8月1日

TOPへ