メーカーさんにお聞きした羽根つき餃子の焼き方

餃子の残りでラザニア風


カタログ号数 :’19年37号掲載


作り方

  1. 焦げ付きにくいフライパンに油(大さじ1)を入れ、産直親鶏と生姜の生餃子(12個)を凍ったまま並べ、振りかけてある打ち粉を流すようにお湯(150mL)を餃子の上からかけ、フライパンの底にコンロの火が当たるぐらいの火力(中火)にして5分程蒸し焼きにする。
  2. フタを取り、水分を飛ばして餃子の焼き面や羽根が濃いめのキツネ色になるのを待って火を消し、そっとはがし皿に盛る。

*お湯でゆでて水餃子としても利用できます。

※強火にせず、ゆっくり焼くのがキレイにおいしく焼けるコツです。
製造メーカー 株式会社ビッグファイブさん

 

~「餃子の残りでラザニア風」レシピ~

<材料>
・GC産直親鶏と生姜の生餃子…適量
・GCトマト風味のミートソース(レトルト)…適量
・3種のとろけるチーズフレーク…適量
・レタス…適量(ちぎる)
・ピーマン…1個(輪切り)

<作り方>
1.耐熱容器にレタスを敷き、残った餃子を並べ、ミートソースをかける。

2.ピーマンを1.にのせ、3種のとろけるチーズフレークを散らし、オーブントースターで10~15分焼く。

※作り方の詳細は動画で案内しています。