~原発のない社会の実現をめざして~

グリーンコープは組合員による組合員のための発電所づくりと
「グリーンコープでんき」の共同購入をすすめています。

原発は「いのち、自然、くらし」を脅かすもの。グリーンコープは30余年前のチェルノブイリ原発事故以来、一貫して脱原発をめざしてきました。
東日本大震災による原発事故を機に、2013年からは、自分たちが使う電気を自然エネルギーでつくり出していこうと、各地に発電所を建設し、2016年から電気の供給事業に取り組んでいます。
2018年10月には、特定の電源から電気を調達できるようになったことで、「グリーンコープでんき」=「原発フリー(※)」が実現しました。
これからも原発のない社会の実現に向けて、力強く歩みを進めていきます。

※原発でつくられた電気を含まないこと

電気の供給のしくみ

電気は、各電力会社が委託している「送配電ネットワーク」(例えば、九州電力エリア・中国電力エリア・関西電力エリア、それぞれに一つのネットワークがあります)を通じて、各家庭や事業所に供給されます。グリーンコープでんきも、送配電ネットワークを通して組合員さん宅へ電気を届けています。したがって、どこの電力会社で電気を買っても、電気の品質や信頼性(停電など)に変わりはありません。
また、送配電に係る設備の管理などについても同様です。
これは、2013年11月に行われた電気事業法改正(「電力自由化」)の一つである「発送電分離」が実現されたしくみです。

グリーンコープでんきの電源構成

「グリーンコープでんき」は、「原発フリー」の電気です。しかも、非化石(化石燃料を使わない発電所)の電気でもあります。その電源は、以下の表1のクリーンセンター(ごみ発電)、表2のグリーンコープ市民発電所、となっています。ただし、当該発電所から供給できない場合は、表3に記載している発電所から供給されることになっています。
なお、いずれも原子力由来・化石由来(日本卸電力取引所からの調達を含む)の電気は含まれません。

 

表1

発電所名 所在地 エネルギー 発電出力
堺市クリーンセンター東工場 大阪府 一般ごみ 4,000kW
大阪市平野工場 大阪府 一般ごみ 4,500kW
神戸市環境局港島クリーンセンター 兵庫県 一般ごみ 5,000kW
神戸市環境局西クリーンセンター 兵庫県 一般ごみ 3,000kW
高槻クリーンセンター 大阪府 一般ごみ 2,000kW
福岡市臨海工場 福岡県 一般ごみ 3,000kW

 

表2

発電所名 所在地 エネルギー 発電出力
馬洗瀬小水力発電所 熊本県 小水力 22kW
杖立温泉熱バイナリー発電所 熊本県 温泉熱 49kW

 

表3

発電所名 所在地 エネルギー 発電出力
三峰川電力株式会社 三峰川第一発電所 長野県 水力 23,100kW
三峰川電力株式会社 三峰川第二発電所 長野県 水力 10,800kW
三峰川電力株式会社 三峰川第三発電所 長野県 水力 260kW
三峰川電力株式会社 蓼科第三発電所 長野県 水力 93kW
三峰川電力株式会社 蓼科第四発電所 長野県 水力 145kW
敦賀グリーンパワー株式会社
敦賀グリーンパワー発電所
福井県 バイオマス
(木質チップ)
37,000kW

 

TOPへ