2016年度 中晩柑学習会

日 程:2016年12月15日(木)
場 所:博多大博通ビルディング 301会議室
主 催:共同体商品おすすめ委員会
参加者:共同体商品おすすめ委員会   18名
    グリーンコープ青果生産者の会
              柑橘部会  3名
    共同体本部組合員事務局     3名
    連合職員事務局         2名

共同体商品おすすめ委員会では中晩柑の利用普及をすすめるため、生産者を講師に迎え、学習会を行ないました。
中晩柑(中晩生柑橘)とは、温州みかん以外の柑橘類の総称で、1月〜5月頃までに収穫されます。グリーンコープで取り扱いのある中晩柑は14種類あり、14産地で生産しています。

グリーンコープの中晩柑の紹介
・ぽんかん   ・早香(はやか)
・文旦     ・はるか
・伊予柑    ・ネーブル
・河内晩柑   ・はるみ
・甘夏     ・清見(きよみ)
・はっさく   ・不知火(しらぬい)
・ニューサマーオレンジ(日向夏)
・スイートスプリング

はるみ
(清見×ぽんかん)
はるか
(日向夏が自然に交配)
早香(はやか)
(温州みかん×ぽんかん)

近年は新しい品種が続々登場しています。

柑橘部会会長
平さん
(八女の郷)
柑橘部会副会長 
大隅さん
(Eプラントクマモト)
柑橘部会事務局 
明瀬さん
(佐伊津有機農法研究会)

生産者より、今年の作柄について話をしていただきました。1月の大寒波の影響で木が弱ってしまい、花芽がつかないなどの被害があり、収穫量は大幅に減少する見込みのようです。中晩柑は、長い期間実をつけて育つため、気候の影響を受けやすいそうです。そのような中、生産者は温州みかん同様に、除草剤を使わず減農薬で、安心・安全で美味しい中晩柑を栽培しています。「腐敗防止剤も使用していない柑橘類は腐るということと、柑橘類は食べものであることを理解してほしい」との生産者の言葉が心に強く残り、多くの組合員に伝えていきたいと思いました。

試食をしながら、14種類の中晩柑と青島みかん、晩白柚(ばんぺいゆ)の品名当てクイズをしました。収穫時期ではないものも用意していただいたため、まだ皮は青く酸味が強いものもありましたが、それぞれの特長や香りを楽しみながら、一つひとつ味わいました。


共同体商品おすすめ委員会 藤原委員長
「中晩柑リレー企画では、旬のものが旬の時に届きます。是非利用普及していきましょう!」と藤原委員長よりあいさつがあり、甘さが増した旬の中晩柑が届く日が待ち遠しくなりました。

<参加者の感想より>
・それぞれの特長を学べたのはいい機会でした。是非情宣していきたいと思います。
・全て美味しかったです。中晩柑クイズは単協での情宣の参考になりました。
・リレー企画はたくさんの品種を食べることができるので、中晩柑リレー企画を情宣していきたいです。

中晩柑それぞれの栽培の様子や品種特長、食べ方(切り方)などを学ぶことができた学習会となりました。私たち組合員のために安心・安全で美味しい中晩柑を作ってくださる生産者の思いとともに、これから次々に旬を迎える中晩柑を、多くの組合員に伝えていきたいと思います。
共同体商品おすすめ委員会


バックナンバー >>
2016年11月17日(水)2016年度 北海道納豆用大豆生産者鵡川農協との交流会
2016年11月2日(水)2016年度 納豆用・豆腐用大豆生産者、メーカーとの交流会
2016年10月17日(月)〜18日(火)北海道チクレン農業協同組合連合会 視察・交流会
2016年9月27日(火)2016年度 商品メーカーの視察・交流 「宮島醤油(株)」視察・交流
2016年10月6日(木)〜7日(金)2016年度 津軽みらい農協石川視察・交流会
2016年8月18日(木)2016年度 みかん産地視察・交流会
2016年8月18日(木)〜20日(土)2016年度 長野県りんご三産地視察・交流会
2016年7月13日(水)〜2016年7月14日(木)2016年度やまなし自然塾視察・交流会
2016年7月21日(木)2016年度商品メーカー「(株)宝幸」製造商品の学習会
2016年4月21日(木)2016年度産直びん牛乳学習会
2016年5月11日(水)2016年度りんご博士・みかん博士養成講座
2016年5月17日(火)2016年度商品メーカー視察・交流 クルメキッコー(株)、(株)庄分酢
2016年4月11日(月)・11日(火)2016年度 グリーンコープ「産直」「商品」学習会
2016年2月25日(木)2015年度 青果生産者の会女性部会との交流会
2015年12月17日(木)2015年度 中晩柑学習会

                        


前のページへ戻る