グリーンコープ市民発電所物語

グリーンコープは「電気を、原発にそして電力会社任せにせず」「自分たちで使う電気を、しかも自然エネルギーによる電気を自分たちでつくり出していこう」と決意し、市民電力事業をはじめました。 市民発電所 売電(発電量)状況今後10年間で、グリーンコープのエリア内10ヵ所に1MW(メガワット)~2MW規模の市民発電所をつくっていくことをめざしています。

グリーンコープ市民電力研修施設「遊学舎」

グリーンコープの市民発電所第1号である「神在太陽光発電所」は単に電気を発電するだけの発電所ではありません。グリーンコープの組合員が「電気を自分たちで作る」という思いを結集し、エリア内に10基の市民発電所作りに向かうための大事なメルクマール(指標)という意味合いがあるところです。グリーンコープ市民電力研修施設 遊学舎 その役割を果たしていくために、発電所隣に「グリーンコープ市民電力研修施設 遊学舎」を開所しました。

市民発電所づくりのあゆみ

  • 2018年10月1日

    「原発フリーのでんき」を確保できるようになりました。

  • 2018年8月21日

    熊本県小国町に「杖立温泉熱バイナリー発電所」が完成し、竣工式が行われました。

  • 2017年8月23日

    宮崎県国富町に「深年太陽光発電所」が完成し、竣工式が行われました。

  • 2017年4月

    グリーンコープの全エリアでグリーンコープでんきの供給を開始。

  • 2016年11月

    グリーンコープ生協(みやざき、さが、おおいた、かごしま、くまもと、(長崎))による「グリーンコープでんき」の共同購入開始。

  • 2016年9月22日

    熊本県小国町に 馬洗瀬(もうらせ)小水力発電所が 完成しました。

  • 2016年7月30日

    兵庫県小野市に平池水上太陽光発電所が完成しました。

  • 2016年7月13日

    グリーンコープ生協ふくおかの福岡西支部で、「グリーンコープでんき」の実験供給がスタートしました。

  • 2016年7月11日

    6月15日、グリーンコープ共同体の第十期通常総会で【特別決議】~グリーンコープは今般、電気の共同購入を開始することをとおして、「脱原発社会」に向かう扉を大きく、力強く開いていきます~を採択しました

  • 2016年5月9日

    7月から、「電気の共同購入」がグリーンコープ生協ふくおかの一部の地域でスタート!!

  • 2016年4月9日

    「豊浦太陽光発電所」(山口県下関市)が完成しました。

  • 2016年2月11日

    国東武蔵第二自然電力太陽光発電所(大分県国東市)が完成し、記念講演会とシンポジウムが行われました。

  • 2015年10月21日

    「平池水上太陽光発電所」(兵庫県小野市鹿野町)の起工式を行いました。

  • 2015年10月15日

    「豊浦太陽光発電所」(山口県下関市)の起工式を行いました。

  • 2015年7月6日

    熊本県小国町の温泉熱発電と小水力発電に、ローカルパワー(株)と共同で取り組みます。

  • 2015年1月8日

    「深年太陽光発電所」(宮崎県東諸県郡国富町)の起工式を行いました。

  • 2014年7月23日

    「グリーンコープ市民電力研修施設 遊学舎」の開所式とお披露目会が行われました。

  • 2013年9月8日

    神在太陽光発電所 竣工式

  • 2013年2月27日

    糸島市と「太陽光発電設備に関わる環境保全協定書」の締結式

  • 2012年11月28日

    「グリーンコープの市民による発電事業について」記者会見

  • 2012年10月29日

    一般社団法人「グリーン・市民電力」をグリーンコープ各生協が社員になって立ち上げました。

  • 2012年6月20日

    グリーンコープ共同体第六期通常総会で、特別決議「グリーンコープは、市民の手で風力などの発電所をつくり、不退転の決意で、「脱原発」に向かいます。」を確認しました。

TOPへ