G
C
W
e
b




  ログイン

ニュースリリース~託送料金認可取消請求訴訟の第2回口頭弁論が行われました

託送料金認可取消請求訴訟の第2回口頭弁論が、

2021年4月19日(月)、福岡地方裁判所101号法廷で行われました。

グリーンコープからの訴状に対する被告(国)からの反論について、グリーンコープ代理人の小島弁護士が意見陳述として2点問題点を指摘しました。

裁判の傍聴には組合員も参加し、裁判後に開かれたミニ集会で、「託送料金に原発の費用を含めて国民から徴収するのはおかしいということを周りの人にも伝えたい」「グリーンコープにがんばってほしい」と意見が出されました。

グリーンコープから国への詳しい反論は次回期日の7月5日(月)に行われます。

 


託送料金訴訟経過報告のページで詳しく報告しています。

◆第2回口頭弁論後の記者会見を動画で見ることができます。


※質疑応答の文字起こしは現在準備中です。

2021年4月22日

TOPへ