G
C
W
e
b




  ログイン

お詫びとご報告~「産直下郷農協野菜セット」について、化学合成農薬を使用した 野菜をお届けしていた可能性があることがわかりました。

 

組合員の皆さまへ

「産直下郷農協野菜セット」について、化学合成農薬を使用した 野菜をお届けしていた可能性があることがわかりました。 誠に申し訳ございません。お詫びの上ご報告するとともに、 ご利用いただいた皆さまに返金させていただきます。

いつもグリーンコープをご利用いただきありがとうございます。
「産直下郷農協野菜セット」は、カタログでは四つ葉マーク<>(化学合成農薬と化学肥料は3年以上不使用)とご案内しています。しかし、2019年春以降の約1年半、「農薬不使用の野菜」と「農薬を使用した野菜」が出荷の際に混在していた可能性があることがわかりました。

化学合成農薬使用の判明の経過
「産直下郷農協野菜セット」は、「四つ葉マーク」でご案内しご利用いただいていますが、10月下旬にご注文された組合員さんより「薬品(農薬)臭がする」旨のご意見をいただき、出荷元である下郷農協に確認したところ、一部の生産者において、一部のハウスに2019年5月・9月と2020年9月に化学合成農薬を使用していたことが判明しました。2020年10月28日、11月6日、グリーンコープ連合会として訪問し、実地調査して化学合成農薬を使用していた圃場と期間を確認しました。

当該生産者による化学合成農薬の使用と出荷について
当該生産者は、団体(法人)でした。当該団体は、5ヶ所の圃場(畑)で野菜を生産しています。その内、3ヶ所は法に基づいて有機農産物の生産圃場として認定され、他の2ヵ所は認定はされていませんが、化学合成農薬や化学肥料を使用しない栽培を継続してきた圃場でした。
当該団体の生産部門の責任者は、害虫が多発しやすい時期に「せっかく作った野菜が出荷できず廃棄してしまうのはもったいない」と考えて、有機農産物の生産圃場として認定されていない2ヵ所の圃場の一部のハウスに化学合成農薬を使用し、「化学合成農薬と化学肥料は3年以上不使用」の野菜とは別に出荷することを予定していました。
しかし、「農薬不使用の野菜」と「農薬を使用した野菜」を分けて管理する仕組み作りをせず、出荷担当者にもそのことを伝えておらず、「農薬不使用の野菜」と「農薬を使用した野菜」が一緒に取り扱われ、出荷されていました。

当該団体の農薬等の資材の購入履歴を過去5年間にさかのぼって点検し、使用した圃場(ハウス)と時期を調査した結果、2019年5月・9月と2020年9月に一部のハウスで化学合成農薬を使用していました。

当該団体で生産された野菜は、下郷農協で受け入れ、下郷農協からグリーンコープも含めた複数の出荷先に出荷されています。そのため、グリーンコープに化学合成農薬を使用した野菜が出荷され、組合員の皆さまへお届けしている可能性があることがわかりました。
※当該団体からの出荷は、事態が判明した時点で停止しました。

対象となる(農薬を使用した野菜をお届けしていた可能性がある)期間にセット品目の中の農薬が使用されていた可能性のある品目の分の価格を返金させていただきます。
   ●セット野菜全品目に可能性がある場合、全額返金
   ●セット野菜の内、一部品目に可能性がある場合、その割合に応じて返金
    例:5品目セットの内1品目の場合 1/5
      4品目セットの内1品目の場合 1/4
      2品目以上お届けしている可能性がある場合、その割合に基づいて返金させていただきます。
   ※対象期間は、2019年5月31日(金)~2020年10月26日(月)となります。

ご利用いただいた皆様には、12月次の請求時に返金させていただきます。返金金額については、恐れ入りますが、請求書にてご確認いただきますようお願いいたします。

この度の農薬使用事故を受けて、下郷農協と当該団体には厳重に注意いたしました。そして、あらためて、すべての生産者にグリーンコープとの約束事(作物栽培計画書通りに栽培すること)を周知徹底し、信頼して利用いただいている組合員の皆さんへの責任を果たせるよう、再発防止策を検討・確認して進めてまいります。

この度は、組合員の皆さまにお約束した栽培内容と違う野菜をお届けしてしまい、誠に申し訳ございません。

2020年12月
グリーンコープ連合会

2020年12月7日

TOPへ