ニュースリリース~大川市で、グリーンコープ生協ふくおかの買い物支援事業が始まりました。

グリーンコープ生協ふくおかは、地域福祉の一環として買い物支援の移動販売事業「みんなのお店元気カー」に取り組んでいます。この度新たに「大川市」より高齢者生活支援モデル事業(買い物支援)を受託、7/2から毎週木曜日、大川市内7箇所での運行が始まりました。
7/2(木)の出発式では、大川市や地域住民の代表、グリーンコープ生協ふくおかからのあいさつの後、お買い物タイムとなりました。地域の方々に大勢お越しいただき、お買い物だけでなく来られた方々同士の会話もはずみ、交流を楽しんでいただきました。

ピカピカの元気カーがやってきました


グリーンコープ生協ふくおか筑後支部理事長の小林さんよりあいさつ「大川市に元気カーが走ることで、買い物支援という役割だけでなく、地域に住む方のコミュニケーションや見守りの場として活躍できることを大変うれしく思っています」

新型コロナウイルス対策もきちんととられています

冷蔵庫があるので生鮮品や新鮮な葉野菜も購入できます

一人暮らしの方々に好評だったお惣菜

あっと言う間に長蛇の列ができました。地域の組合員も大勢手伝いに来て、にぎわっていました

今回大川市の事業を受託したことで、福岡県内では13市6町140箇所でグリーンコープの「みんなのお店元気カー」が走ることになります。単なる買い物支援だけではなく、地域のコミュニケーションの場、地域の見守りの場として、これからも地域や行政と連携し取り組んでいきます。

2020年7月8日

TOPへ