ふくおか 福岡西支部 支部食べもの委員会「シャボン玉石けん工場見学と学習」の報告です

 

シャボン玉石けん工場見学と学習

日 時:2019年12月5日(木)
主 催:福岡西支部 支部食べもの委員会
交流先:シャボン玉石けん
開催場所:シャボン玉石けん本社
参加者:組合員 24人
    生産者・メーカー等 2人


人にも自然にも優しいせっけんを使い続けたい、伝えたい、せっけんてやっぱりいいよねとの感想をもらいました。

創業110年を迎える北九州に本社のあるシャボン玉石けん工場見学・学習を行いました。
創業当初は合成洗剤を販売していたが、先代社長の皮膚に湿疹などができたのをきっかけに無添加せっけんへと切り替えたそうです。昔ながらの釜炊き製法「ケン化法」で1週間もかけて作るせっけんは、グリセリンの含有率が高く肌や環境に優しい手作りせっけんです。原料の牛脂は長崎や鹿児島の牛の脂を使用、せっけん原料輸送の際も窒素ガスを使って化学物質の混入を防ぐなどの注意を行い、国内外で人気の商品となっているそうです。グリーンコープのせっけん利用が低迷してますが、組合員へのさらなる利用普及を伝えていきたいと感じました。


合成洗剤に使われている化学物質の危険性やシャボン玉石けん誕生までを学習しました。

職人さんは、せっけんの素を舐めて最終チェック、これは無添加だからできること、私達も舐めてみました。

 

2020年3月12日

TOPへ