【豊作応援号】~ネグロスバナナを利用して生産者を応援しましょう~

フィリピンのネグロスバナナの産地では、
今年は干ばつや台風・強風被害で8月以降にバナナの収穫量が大きく減少しました。
ようやく回復してきた矢先の10月末にマグニチュード6.5の地震が発生し、
産地の一つであるコタバト州マキララ町が大きな被害を受けました。
マキララ町では生産者の家も崩れ、生活にはまだ多くの困難が伴っていますが、
バナナは順調に育っており、マキララの生産者は今後の復興に向けてバナナの出荷を再開しました。
みんなで利用することで復興支援になります!生産者を応援しましょう!

ネグロスバナナの生産者からメッセージが届きました。
↓ ↓ ↓

 

また、産直りんごの産地も台風19号で甚大な被害を受けました。

グリーンコープでは、りんごの利用代金の3%を

生産者への支援金として活用させていただいています。


※詳しくは12/9~配布のチラシをご覧ください。コチラ

 

チラシでは、産直野菜もご案内しています。

みんなで継続して利用し、生産者を応援していきましょう。

2019年12月9日

TOPへ