ニュースリリース~鞍手郡小竹町の新多郵便局で買い物支援の移動販売を開始します。

 

―報道機関のみなさまへ―

 

お知らせ

12月10日(火)、鞍手郡小竹町の新多郵便局横駐車場

グリーンコープの買い物支援の移動販売を開始します。

また一つ、地域福祉の輪が広がります。

 

グリーンコープ生協ふくおかは、福岡県内で、近くにお店がなく、買い物に不自由しておられる地域の住民のみなさんのために、地域福祉の一環として買い物支援の移動販売事業「みんなのお店元気カー」に取り組んでいます。
住民からの要望や、行政からの相談を受けて、または、他地域での取り組みを伝え聞いて始まるケースなどもあり、大変好評で、委託いただいている行政や地域自治会などと協力しながら、事業をすすめています。
12月10日、火曜日定例で、新たに鞍手郡小竹町で移動販売をおこなうことになりました。小竹町の新多(にいだ)郵便局の御厚意により、今回は郵便局横の駐車場での販売となります。地域のみなさんには、郵便局を利用がてら買い物もでき、大変便利になることが考えられます。
毎週定例の時間と場所で行う移動販売ですが、グリーンコープの移動販売事業「みんなのお店元気カー」は買い物だけでなく、利用者とグリーンコープの担当者、利用者同士が顔を合わせてのコミュニケーションの場、地域交流・コミュニティの場づくりにもなっており、各地域でそのことを実感していただいています。また、いつも利用される方が続けてお見えにならない場合などは、可能な範囲で安否確認を行うなど「見守り」の役割も果たしています。
グリーンコープとしても、これまでの取り組みを基に、今回の移動販売事業がよりよいものになるようにすすめていきます。
スタート式を下記の通り執り行いますので、ご案内いたします。

 

鞍手郡小竹町 買物支援対策モデル事業

グリーンコープの移動販売出発式

      日時:2019年12月10日(火) 14:30~
      場所:新多郵便局横駐車場(福岡県鞍手郡小竹町大字新多1465−1)

 

●オープニングセレモニー

14:30あいさつ
小竹町 町長    松尾 様
新多郵便局 局長  西村 様
グリーンコープ  グリーンコープ生協ふくおか 筑豊支部 中村副支部委員長 

14:50 テープカット、販売開始

※当日は、筑豊支部による試食・試飲なども行う予定です。

 

グリーンコープ生協ふくおかの買い物支援の移動販売事業「みんなのお店元気カー
グリーンコープ生協ふくおかは、2012年より、地域福祉の観点で(1)買い物困難者の買い物支援(2)地域交流・コミュニティの場づくり(3)見守りの3つを柱に、買い物支援の移動販売事業「みんなのお店元気カー」に取り組んでいます。遠賀町での2013年のモデル事業を経て、2014年度に「買い物困難者対策・移動販売事業」を正式に受託しました。移動販売は買い物支援が主な目的ですが、買い物を通じたコミュニケーションから地域の見守り活動の役割も果たします。さらに、地域でのコミュニティの場としても活用してもらおうと、遠賀町役場や区長、民生委員のみなさんとグリーンコープとで一緒に取り組んできました。各区長・民生委員さんは、こもりがちな高齢者の方に積極的に声かけなどをされています。グリーンコープも、移動販売が地域のみなさんにとってより楽しく充実したものになるよう考え、また、移動販売開催地区長会を開催いただいてご意見・ご要望をお伺いするなどしてすすめています。
2019年11月時点で、豊前市、直方市、宮若市、飯塚市、久留米市、築上郡上毛町、京都郡みやこ町、遠賀郡遠賀町、遠賀郡水巻町の福岡県下5市5町から業務委託を受けるまでに広がっています。糸島市、福岡市、朝倉市、太宰府市、福津市、宗像市、行橋市では行政からの委託は受けていませんが、住民からの要望を受けて、県より認可を受け、移動販売を行っています。

 

取材・報道をよろしくお願いします。

 

【お問い合わせ先】
福岡市博多区博多駅前1丁目5-1博多大博通ビルディング3F
グリーンコープ生活協同組合ふくおか 本部(担当・中島)
(TEL)092-409-0591
(FAX)092-481-2819

 

グリーンコープ生活協同組合 ふくおか

安全でおいしく、環境にも考慮した商品や、産直による減(無)農薬野菜・米などをカタログによる共同購入や店舗販売などで組合員に供給することが主要な事業となっています。さらに
・ 「人と環境にやさしく」を基本に、リユース・リサイクルシステムやせっけん運動、プラスチックを極力使用しない商品づくり
・ 脱原発社会を実現するための市民電力事業・電気共同購入事業など
・ すべての人が年齢、性、心身の機能、経済状況にかかわらず、普通に生きていける社会を作り出すための福祉や生活再生などの事業
・ フィリピン・ネグロス島などのバナナや砂糖をはじめとするアジアとの民衆レベルによる交易
などにも活動をひろげています。
「生命(いのち)を育む食べもの運動」をテーマに、生産者やメーカーと共に開発した「non-GMOびん牛乳」や国産農畜産物を大切にする運動に取り組んでいます。

理事長 三原

2019年12月4日

TOPへ