ふくおか 筑紫支部 大野城地域委員会「小ネギ産地交流会」の報告です

 

小ネギ産地交流会

日 時:2018年12月13日(木)
主 催:筑紫支部 大野城地域委員会
交流先:糸島BM農法研究会
開催場所:福岡県糸島市
参加者:組合員12人・子ども1人・生産者・メーカー等8人

生産者から収穫方法などの説明を聞いている参加者
 

 交流会では、BM農法について生産者が熱く語られていて、「菌と戦うのではなく、菌とともに育てる。」という生産者の言葉が心に残りました。バクテリアによってゆっくりと土壌を改良する農法で、「除草剤は菌を殺す。減ってしまったバクテリアを増やすには数年かかる。」と言われました。
 収穫体験では、まっすぐに小ネギを抜くのが意外と難しく、慣れるころには腰に軽い痛みがあり、収穫する苦労も体験しましたが、小ネギを抜く作業はコツを掴むととても面白くつい夢中になって収穫していました。

 
 
和気あいあいと収穫体験をしています   集中してもくもくと小ネギを選んでいます。
 
僕も先の方だけ収穫したよ。   BM農法について熱く語る生産者と
BM液体のボトル

2019年4月16日

TOPへ