お詫びとご報告~<九州・中国エリアの皆様>GC「国産なたね油650g」、GC「一番搾り国産なたねサラダ油650g」にオーストラリア産なたねサラダ油がブレンドされていることがわかりました。オーストラリア産なたねサラダ油が配合されていた割合及び国産なたねサラダ油とオーストラリア産なたねサラダ油の価格差割合に応じて返金させていただきます。

 

 いつもグリーンコープを利用いただきありがとうございます。
 2018年12月25日(火)に取引先【(有)鹿北製油】からGC「国産なたね油650g」、GC「一番搾り国産なたねサラダ油650g」に、オーストラリア産のなたねサラダ油を30%ブレンドして販売していたとの報告が届けられました。先日、国産ごまと偽装していた同じ取引先です。国産GC「国産なたね油650g」、GC「一番搾り国産なたねサラダ油650g」と案内していながら、これまでオーストラリア産のなたねサラダ油がブレンドされていた商品をお届けしていました。大変申し訳ありません。心よりお詫び申し上げます。
 
 取引先の報告では、GC「国産なたね油650g」は2013年1月製造分から、GC「一番搾り国産なたねサラダ油650g」は2017年5月製造分からオーストラリア産のなたねサラダ油をブレンドしていたとのことでした。
 12月26日(水)に取引先を直接訪問しました。しかし、「詳細な説明は、警察の捜査や弁護士からの指示で一切できない」との説明を受けました。取引先はグリーンコープに対して、いつからどのようにオーストラリア産のなたね油をブレンドしたのか、まったく説明責任をはたそうとはされませんでした。また、取引先とグリーンコープで毎年行っている監査報告にも、すべて嘘の記載がされていました。
 
 現在もグリーンコープとして調査を進めており、全容が解明できたわけではありませんが、取引先が発表した対象期間以前にもオーストラリア産のなたねサラダ油がブレンドされていた可能性もあるため、これまでグリーンコープが組合員にお届けしてきたすべてのGC「国産なたね油650g」、GC「一番搾り国産なたねサラダ油650g」について、オーストラリア産のなたねサラダ油がブレンドされていた割合(30%)及び国産なたねサラダ油とオーストラリア産のなたねサラダ油の価格差割合に応じて返金させていただきます。
 何卒、ご理解いただきますようお願いいたします。商品名と対象期間、返金額の計算方法は次のようになります。
 

商品名

共同購入対象期間

GC一番搾り国産なたねサラダ油650g

2009年度41号~2018年度33号

GC国産なたね油 650g

2006年度51号~2018年度34号

W直)GC国産なたね油 650g×3本

2008年度12号~2018年度22号

 ※W直)・・・WEB限定の商品直送企画
 
●直近の商品価格での返金額
 利用された週によって本体価格が異なりますので、返金額も利用された週によって異なります。
 ※国産のなたねサラダ油とオーストラリア産のなたねサラダ油の価格差割合は次のように計算しています。
  国産なたねサラダ油
 1,000円(650g)  153.8円(100g当たり)
オーストラリア産なたねサラダ油 
 700円(820g)    85.3円(100g当たり)
 153.8円- 85.3円=68.5円(価格差)
 68.5円÷153.8円≒45%(価格差割合)
 
 
●具体的な返金金額の計算方法
 ○GC国産なたね油 650g 
  本体価格  896円×30%(ブレンドされていた割合)×45%(価格差割合)
 ※2011年以前はGC国産なたね油 820gでお届けしていましたので、当時の本体価格で同様の計算をして返金いたします。
 
 ○GC一番搾り国産なたねサラダ油650g
  本体価格  995円×30%(ブレンドされていた割合)×45%(価格差割合)
 
 ○W直)GC国産なたね油 650g×3本
  本体価格2,950円×30%(ブレンドされていた割合)×45%(価格差割合)
 
●返金方法について
 ○2019年3月次の請求書において、各商品を対象期間に利用されている組合員の皆様には出資金への振替をもって返金させていただきます。ご確認いただきますようお願いいたします。店舗でご利用になられた組合員の皆様も出資金への振替をもって返金させていただきます。誠に申し訳ありませんでした。
 
 グリーンコープでは今後も引き続き調査を行います。事実関係がわかり次第、組合員の皆様にご報告させていただきます。この度は、組合員の皆様に多大なご心配をおかけしていること、心よりお詫びいたします。大変申し訳ありませんでした。
 
2019年 3月18日 
グリーンコープ連合会

2019年3月18日

TOPへ