インドネシア・パプアの人々の自立と夢を応援する「チョコレート工房&カフェ」建設のためのカンパに今年もご協力お願いします!

 

組合員の「児童労働のないチョコレートを」という願いをきっかけに、グリーンコープでは、インドネシアのパプアの森で採れた良質のカカオ豆を原料にした民衆交易のチョコレートを取り扱っています。
チョコラ デ パプア ビター
 

パプアの人々は、豊かな自然と共生する暮らしをしていました。しかし、近年、その豊富な天然資源のために、乱開発による自然破壊が進んでいます。
先住民族の人々は、自分たちの生活を守るためにも、経済的に自立したいと願っています。

パプアの人々の自立をもう一歩進めるために
「自分たちの手で、チョコレートの加工・製造・販売をしたい」
「夢を語り、カタチにしていくチョコ工房&カフェを建てたい」
という構想が生まれ、昨年工房開設へと動き出し、
組合員カンパによって、その実現へと大きく踏み出すことができています。
今年もみなさんのご協力をよろしくお願いします!

 
    ↓ チラシはコチラ ↓

「チョコレート工房&カフェ建設カンパ」

申込番号:008
(一口 200円)

申込番号:009
(一口 500円)

2/4週・2/11週提出(47号・48号)の
共同購入申込書で申し込めます。

※詳しくは、1/28週配布のチラシ(右)をご覧ください。
※共同購入申込書の申込番号の数量欄にカンパの口数をご記入ください。何口でもOKです。

 
    クリックすると拡大してみることができます(pdf:2.397MB)

2019年1月28日

TOPへ