2018年度 共生・平和長崎自転車隊

26回目「共生・平和銀輪隊」・31回目「共生・平和自転車隊」
※取り組み趣意書はコチラから

 

2018年8月8日(水)、福岡の柳川(柳川市民会館)を出発し(諫早市内で1泊)、9日(木)長崎の原爆投下地である松山公園(爆心地公園)までの125km(銀輪隊4班は全行程、自転車隊13班は50km(※1))を、「不戦」のゼッケンを背に、銀輪隊25名・自転車隊80名が自転車で走りました。
今年はこの夏の記録的な猛暑を踏まえ、「生命(いのち)を大切に、絶対に無理はしない」ことを参加者全員で確認し、途中一部区間の走行を中止することも想定しながら取り組みましたが、風があり湿度が低かったことから、予定どおりの行程をほぼ全員で走り抜きました。

9日(木)10:30からは、松山公園で「平和のつどい」を行い、共に走行した連合会の熊野会長と銀輪隊、自転車隊それぞれの代表などが平和への思いを報告しました。
原爆投下時間の11:02には皆で黙祷をし、その後、自転車隊や応援のメンバーが、平和への願いを込めた千羽鶴などを原子爆弾落下中心地碑に捧げて、亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りし、平和への誓いを新たにしていました。

※1 今年は小学1年生以下の自転車隊は1班のみ。1日目は、柳川から大川橋、肥前長田~諫早第一ホテルまでの17.8km、2日目は伊良林小学校から松山公園までの5.1kmの合計約23kmを走りました。

取り組みのようすを紹介します。

 
【 8月8日(水)】 
 <4:15>
柳川かんぽの宿の前泊者は、簡単な食事の後、みんなで柳川市民会館へ移動しました
朝早い時間ですが、配られたおにぎりとみそ汁をみんなしっかりと食べていました
 
<5:20 全員集合>
自転車の調整をしたり、荷物を固定させたり、スタッフもサポートします
1班の自転車や走行をサポートする
グッズを積んだトラックも整列して待機
班ごとのプラカードを持って集合を待つスタッフ
 
<5:40 出発集会>
 走行メンバーやスタッフだけでなく、
見送りの方も集会を見守ります
挨拶するグリーンコープ生協さがの
藤瀬専務 
挨拶する無名舎-こどもの家(※2)の
加藤さん 

※2 1972年に福岡県柳川市にグリーンコープ初代会長の武田桂二郎さんが自宅に開設した託児所(創立時は柳下村塾(りゅうかそんじゅく))。
無名舎-こどもの家で行っていた平和サイクリングが現在の「共生・平和長崎自転車隊」の原点となっている。
 
走行者もスタッフも一緒にストレッチ
 
<6:00 出発>
朝日が差し始める中、銀輪隊が出発
早朝にも関わらず、大勢の人が見送ります スタッフに誘導されて出発する銀輪隊
自転車隊のメンバーもドキドキしながら、チャレンジスタート
 
休憩地点の森林公園をめざして
  大川橋を通過
 
応援隊が沿道から声援を送ります 自転車隊1班の走行は一旦ここまで。ここからは応援バスから応援します
 

1班の自転車をトラックに積みます

スタッフ約120名は、銀輪隊・自転車隊が安全に、コースを間違うことなく走行できるよう、これまで積み上げてきた経験に加えて事前の準備をしっかりと行った上で、要所要所で誘導し、伴走し、休憩ポイントでは少しでも暑さを凌ぐことができるよう氷や冷水、飲み物などを提供。応援のない区間が長くならないよう所々で応援するというように、細やかに走行メンバーをサポートしました。
 
信号で停車。向こう側にスタッフが
誘導と応援で待っています
 
森林公園まであと少し
 
<7:30 森林公園 到着>
応援のメンバーが出迎える森林公園に到着
自転車隊は応援バスに。ここからは、銀輪隊だけが走行します
 
次のポイントは佐賀県江北町の六角橋手前
 
下小田の店舗前で休憩。スタッフから冷たい飲み物や氷のサービス。水筒にもお茶を追加します
やっぱり暑い。ほっとひと息 そろそろ出発。ヘルメットをかぶりなおして
背中に氷を入れてもらって体を冷やします
「冷たくて気持ちいい~」
応援隊に見送られて走行開始
この先には六角橋
上り坂なので、足に力を込めます
県道207号線を肥前鹿島駅に向けて走る銀輪隊
 
銀輪隊・自転車隊の家族を含む「応援隊」は、
大型バスの中から、また各所でバスを降りて手を振り、大きな声で応援をしました
白石町社会福祉協議会前。応援隊が銀輪隊を待ち受けて、応援します
 
<9:40 肥前鹿島駅 到着>
平和の横断幕を持って応援するグリーンコープやまぐち生協の応援隊
今年もグリーンコープ生協さがによる、冷たいドリンクサービスがありました
冷たい飲み物は本当にうれしい 休憩所では首に巻くタオルも水でぬらします
柳川を出発して約4時間。ここまでで今日の約半分の距離。さあ、次のポイントへ
 
浜新方のポイントで応援「ガンバレ~!」
 
道の駅・鹿島で応援する
グリーンコープ生協(長崎)の応援隊
向こう側は有明海
昼食ポイントの七浦小学校はもうすぐ
 
<10:40 七浦小学校到着 昼食休憩>
校庭で集合写真
 
<11:35 七浦小学校 出発> 
銀輪隊を大きな声で応援します
 
<太良町 tara lab. で休憩>
このあとが初日の難所。有明海沿いの長い坂です
ここもなかなか厳しい坂道。体を前に傾けて踏ん張ったり、立ちこぎで力を込めて上ります
あの坂を上って行きます
 
<初日の難所>
がんばれ~っ! がんばれ~っ! 応援隊の掛け声も大きくなります
 
<12:40 諫早市役所 小長井支所 到着>
  グリーンコープ生協(長崎)がドリンクサービス
 
ここまで猛暑の影響を考え、走行そのものをどうするかギリギリまで検討してきましたが、「気温は高いが湿度は低い、適度な風もある」ため、銀輪隊・自転車隊ともに走行を決行することにしました。
<13:45 出発> 自転車隊(1班を除く)も元気に出発です
応援バスから応援の声を受けながら走る自転車隊 最後尾を伴走トラックが見守ります
 
<14:10  諫早干潟 到着>
休憩場所へは、みんな自転車を降りて坂を下ります
銀輪隊はまだまだ元気。余裕を感じさせます。ここから諫早第一ホテルまで9.6kmは、
自転車隊(1班を除く)も加わって走ります。1班は、もう少し先の肥前長田から加わります
 
<16:30 諫早第一ホテル 到着>
 
<まとめの集会>
ホテルの日陰に入って、まとめの集会をおこないました
疲れてはいますが、今日のまとめと明日のスケジュールに耳を傾けます
 
【 8月9日(木)】
  <6:35 諫早第一ホテル出発>
日見峠までは、銀輪隊だけが走行します
  さあ、松山公園を目指して
今年もグリーンコープの取引先の長崎蒲鉾の敷地内で、
コースの一番の難所となる日見峠を走行するための準備をさせていただきました
 
<日見峠> 
厳しい上り坂を沿道からたくさんの応援が後押しします
リーダーが笛を吹いて走行リズムを整えます 日見峠を続々と上がっていく自転車隊と銀輪隊
上り坂は続きます スタッフが用意した途中の休憩所
 
長い日見峠の坂を無事に越えた後は、長崎市内の伊良林小学校の児童たちと先生の歓迎を受け、短いけれどあたたかい交流を行うことができました。小学校前で3列に隊列を組みなおして、原爆が投下された松山公園(爆心地公園)まで5kmを全員で走行しました。
 
<伊良林小学校 到着 >
長崎市立伊良林小学校は、戦前に建てられ、戦時中は「伊良林国民学校」と改称されていました。原爆投下後は、大勢の人々の救護所となったところです。
グリーンコープの自転車隊の取り組みを知った伊良林小学校から、「平和を願う気持ちは福岡の子どもたちも長崎の子どもたちも同じですから」と、隊列を組んで市内を走行するための出発地点として2016年に協力の申し出があり、今年は平和の思いを伝えあう交流を行うことができました。
伊良林小学校の入口にある戦時中と
原爆投下後のようすを記したプレート
伊良林小学校に到着する銀輪隊・自転車隊
  リーダーの笛を合図にスピードダウン
伊良林小学校へ入っていきます
 
この日は登校日。長崎市立伊良林小学校を訪れるのは今回で3度目です。校庭に整列した銀輪隊・自転車隊を迎えて、伊良林小学校の2人の児童が「みなさんの行動を見て、改めて平和の大切さを考えることになりました」とメッセージを読み上げました。自転車隊からもメッセージを返すと、校舎の窓から児童たちが手を振りながら「行ってらっしゃ~い!」と大合唱。銀輪隊・自転車隊のメンバーも「行ってきま~す!」と手を振って応えました。互いの平和を願う想いが出会って共鳴し、校庭に響きわたっていました。
 
その後、校門で銀輪隊、自転車隊の順に隊列を組み、松山公園(爆心地公園)に向けて出発しました
長崎駅前を3列になって走る銀輪隊
長崎駅前を隊列を組んで走る自転車隊
 
<10:30 平和のつどい(爆心地公園)>
  自転車隊で走行した連合会の熊野会長
松山公園(爆心地公園の一角で)の
木陰でおこなった平和のつどい
2日間の取り組みを支えてくれた、現地の
グリーンコープ生協(長崎)の佐藤理事長
銀輪隊を代表して平和へのアピール 自転車隊を代表して平和へのアピール
自転車隊を代表して平和へのアピール 組合員を代表して平和へのアピール
黙祷に向けて公園内に静けさが広がっていきます 黙祷
平和の祈りを込めて「青い空は」を合唱 平和のつどいを主催した、連合会組織委員会の
佐々木委員長の平和へのアピール
平和のつどい後、原子爆弾落下中心地碑で亡くなられた方の冥福と平和を祈る参加者
碑の傍にグリーンコープ各生協が持参した千羽鶴を捧げました

 

※共生の時代9月号に自転車隊の報告が掲載されています。平和のつどいのようすや平和のアピールなどはコチラからご覧いただけます。

2018年9月4日

TOPへ