ニュースリリース~ <グリーンコープの平和の取り組み> 「共生・平和長崎自転車隊」のご案内


―報道機関のみなさまへ―

<グリーンコープの平和の取り組み>

「共生・平和長崎自転車隊」のご案内

「共生・平和長崎自転車隊」は、グリーンコープの組合員と子どもたちが、「不戦」のゼッケンを背に、柳川から被爆地長崎までの125キロを自転車に乗ってひたすら走り、応援する組合員、支えるスタッフ全員が心をひとつにして平和の大切さ、いのちの尊さを共に確かめあう取り組みです。

 グリーンコープは、「いのち」がもっとも大切だと考え、食べものや、環境、地域福祉などの取り組みをすすめています。「平和」でなければ、穏やかな生活も安全な食べものもありえません。「平和」はグリーンコープの活動の原点です。
 8月8日早朝に柳川を出発し、翌8月9日に爆心地長崎に到着します。自転車で走る子どもたちは、たくさんの応援を受けて、自分の力だけではやれないことをやり遂げます。関わる大人たちは子どもたちの「いのち」を全力で守ろうと動きます。そんな大人たちを見て、子どもたちは「人は決して一人ではないこと」、「多くの人に支えられていること」を体感します。子どもたちの頑張りに、応援する人もスタッフも力をもらいます。大人も子どもも多くのことを学び、体験します。
 爆心地長崎では、参加者全員で原爆で亡くなられた方々に思いを馳せ、無念の思いを受け継いで「不戦」と「平和」を誓いあいます。
 グリーンコープ全体で取り組んで26年目となる今夏も、柳川から長崎までの道程を、行き交うすべての人々に「平和」への願いを訴えて走ります。

 

 


2018年度自転車隊スケジュール

■8月8日(水)

5:20  柳川市民会館前集合 
 ↓    出発集会を開催
6:00  柳川市民会館前出発 諫早第一ホテルを目指して出発!
 ↓
10:40  鹿島市立七浦小学校・昼食休憩
 ↓
16:15 諫早第一ホテル到着 初日の報告

■8月9日(木)

6:35  諫早第一ホテル出発 
 ↓  
9:20  長崎陸上競技場到着・松山公園へ徒歩で移動
10:30 「グリーンコープの平和のつどい」開催
11:02 黙祷
11:30 平和のつどい終了

※今年の夏は、「命に危険を及ぼす」と言われるほどの猛暑です。実行委員会では、できる限りの暑さ対策を講じる予定ですが、気温、参加者の体調などの状況を把握し、場合によっては途中で走行を中止することもあります。中でも、8日の諫早市役所小長井支所からの自転車隊のスタートは、14時頃で最も暑い時間帯になりますので、現地で協議し走行の判断をします。

今年は約107人が走行予定です。

 

「グリーンコープの平和のつどい」

「不戦」のゼッケンを背に柳川から長崎まで走り抜いた子どもたち、応援で寄り添った大人たち、それを支えたスタッフみんなで、爆心地である松山公園で平和のつどいを開催します。8月9日11時2分、原爆で無念にも亡くなられた方々へ鎮魂の祈りを捧げ、平和の大切さと自転車で柳川から長崎まで走ってきたことの意味をみんなで確認します。

◆平和のつどい 場所:松山公園
10:30 開会・はじめの挨拶
10:40 平和アピール(自転車隊参加者、組合員代表)
11:02 黙祷
11:04 参加者へ賞状と記念品授与
11:20 合唱
11:25 終わりの挨拶

※「平和のつどい」終了後、折り鶴を原爆投下中心碑に奉納します。

 


取材・報道をよろしくお願いします。

 

本件のお問い合わせ先
グリーンコープ共同体 広報渉外担当  中島
電話:092-409-0591 FAX:092-481-2819
福岡市博多区博多駅前1丁目5番1号 博多大博通ビルディング 3階

グリーンコープ概要
九州・中国地方・兵庫・大阪14府県の40万世帯の組合員が活動する生活協同組合の連合会です。

家族の健康と未来を守っていきたいという母親の願いから生まれたグリーンコープの14生協とグリーンコープ連合は、それぞれの地域を大切にして連帯していくことをめざ し、グリーンコープ共同体を設立しました。
組合員自身の手により開発した「安心」「安全」な食品を組合員が利用することを通して、日本の農業を守り「食」の安定供給を目指す他、平和・環境・福祉の取り組み、更 に生活再生事業や家計と暮らしの応援活動にも積極的に取り組んでいます。

2018年8月6日

TOPへ