グリーンコープ生協おかやまとひろしまから現地の被災・支援状況が届きました(7月9日~15日)

2018/07/15 20:32

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

今日も昨日に引き続き、避難所とボランティアセンターを中心に訪問活動を行いました。
今日は熊野理事長も同行され、お手伝いをいただきました。

安浦まちづくりセンター
昨日お伺いしていた、男性物の肌着や靴下、炊き出しに必要な食材・調味料などをお届けしました。
また、熊野理事長には今後のグリーンコープとしての炊き出しの相談も行なっていただきました。
また、炊き出しで作られている弁当を入れるパックが周辺には無くてとても困っているとの事でしたので、広島市内にて調達をしてお届けする事にしました。
明日は、今日お伺いした物資の他に、氷をお届けさせていただく事にします。

呉市の寺院
こちらにも昨日お伺いしておりました炊き出しの物資として、お米・味噌汁の具材・調味料・使い捨て食器などをお届けしました。
この地域はまだ断水をしているため、お水のお届けもさせていただきました。

矢野ボランティアセンター
昨日お伺いしていた、氷・水・ジュース・塩あめなどをお届けしました。
今日は10時半の時点でボランティア定員の200名が集まっており、沢山の方が作業をされていました。

熊野町民体育館
今までお伺いする事が出来ていなかった避難所ですが、パートさんを通じて連絡がありました。断水が続いているとの事で、水はあるがそれ以外の飲み物がないという事で、お茶・ゼリー・氷をお届けしました。

坂町役場
こちらも昨日お伺い出来なかった場所で、このエリアには小屋浦・水尻などの一番被害の大きなエリアの人達の避難所を担当しており、担当している人数は約480人とのことでした。
発災当初は大企業からの支援物資(食料・飲料)が届いていたが、時間が経つごとに物資は届かなくなり、今は480人の食料と飲料が足りなくなってきているとの事でした。
担当者の方から、水・氷・ゼリー・塩あめ・野菜ジュース・などをお届けしました。

今日の訪問でどの場所でも言われたのが、氷が欲しいとの事でした。
また、物資としては水というよりも、ジュースなどの味のあるものの要望が多くなってきています。
氷については支部だけの冷凍庫では作る限界が出てくる可能性がありますので、その時には広島物流センターでの対応もお願いする事になるかと思いますので、改めて相談させていただくことがあると思います。
今日本当に暑い中で沢山のボランティアの方々がいらっしゃいましたので、できる限り氷や冷えた飲み物の提供などは継続していきたいと思います。


衣類の仕分け(安浦まちづくりセンター)

炊き出しの相談(安浦まちづくりセンター)

水をお届け(坂町役場)

 

2018/07/15 16:23

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

本日は職場の有志達と一緒に、自宅2階の腰以上の高さまで浸水した職員の自宅に片付けに行ってきました。
自宅周囲の片付け、道路のゴミ拾いから始め、その後、自宅を乾かすために必要な作業(湿気を持った石膏ボードの撤去、水を含んでいる壁の中の断熱材の撤去)にあたりました。
大方のところが終わったところで、ゴミを捨てに行くための積み込みや庭のデッキの片付けを行い、本日の作業を終了しています。

現地の様子ですが、幹線道路も通れるようになり多方面から現地に入れるようになっていますので渋滞は大幅に改善されていました。
多くのボランティアが猛暑のなか作業をされており「炊き出し」も用意されていました。
ゴミを捨てに行く際も、積載に余裕がある方は「一緒に持っていくよ」と声をかけてくださる方が多かったです。これはとても助かりました。
食料品や飲料を購入することはできますが、電気が通っていないため、飲料を保冷しておくことができません。
本日はよく冷やしたアップルシャワーと冷たいおしぼり(濡らしたタオルを丸めて冷凍)を持参していましたので、本人やご近所の方にお渡ししたところ大変喜ばれました。

真備町内の様子

 

2018/07/14 22:15

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

福山支部エリア
福山支部エリアについては、支部長を始め職員も被災し、床下・床上浸水をしておりましたので、今日明日はしっかりと休んでもらって、自宅の片付けや体を休めることとして、本日の活動は行っておりません。

東広島支部エリア
災害発生後初めての週末ということもあり、まともに避難所周りを行うことが出来ました。
本日は、グリーンコープ連合の常務も一緒に、5名体制で避難所とボランティアセンター回りを行いました。
訪問した避難所などは、活動組合員や組合員から情報提供していただいたところを中心として行い、全部で12箇所を回りました。
そのうち、継続支援が必要と判断したところは、5箇所でした。
支援の中身としては、避難所では炊き出しなどによる、人的支援と物資(食料)の支援。ボランティアセンターでは、氷と飲料水の支援が必要でした。
災害から1週間が経過して少し落ち着いてきたところもありますが、その分、支援を継続している方々の疲れはピークになってきており、この方々への支援も必要と感じました。
土砂かきなどの作業も今後必要になることは間違いありませんが、範囲が広すぎるためにまだどこから手を付けていくのかグリーンコープとしては定まっていませんが、週末を迎えるなかで、各地でボランティアセンターが立ち上がっており、多くのボランティアが猛暑のなか作業をされていました。
今日は山陽自動車道の開通や、都市高速の開通があり交通網はずいぶんと回復してきました。
明日は、本日回れていない避難所や本日訪問してすぐに提供可能な物資のお届けなどを行って行きたいと考えています。

 

2018/07/13 22:01

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

東広島支部エリア
本日の被害のひどかったエリア3便で同乗を行なっての配送としました。
また、昨日お届けの出来ていなかった坂町の配送も別便で行いました。
配送については、被災地へ向かう道路の渋滞は緩和されずに到着時点で1時間~1時間半程度の遅れが発生する状況です。
ただし、2名同乗を行なっていること、別便でのフォローなどもあり、配送は無事に終了しておりますが、支部までの道のりがまた渋滞をしているため、帰着は遅くなります。
この渋滞が緩和されていくのを祈るばかりです。
今日は、20時には全便が終了し帰宅しています。

福山支部エリア
福山エリアの配送は順調に終了しております。
今日も職員が被災地に出向き、ボランティアセンターなどを中心にニーズの聞き取りを行なっています。
また、要請していた水のポリタンクが入荷したため、お届けも行っています。
三原は水も引いていますので、着々と作業が進んでいる様子です。

とりあえず、1週間の配送を無事に終了する事ができました。
担当者の疲労もピークに達していますので、土日はゆっくり休むように指示しています。

 

2018/07/13 21:05

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

本日は被害の大きかった倉敷市真備エリアに配達がありました。
事前に道路の状況などを聞いておりましたので、高速を使用する、配送順を変えるなどの対応を行い配送をしています。
想像をしていたよりは渋滞も酷くなく、通常より1時間程度の遅れで配送を終わらせることが出来ています。
配送担当者からの情報では、街の中はゴミや動けない車が多く、片付けが進んでいない様子で粉塵も酷く、低速運転の車が多かったとのことでした。
また、事前に電話で確認はしていましたが組合員とは会うことができていません。
商品はキャンセルとし、商品は先週の土曜日に注文書の回収ができず注文がお受け出来なかった組合員へ届けたり、内販を行っています。

その他のエリアは影響もほんとどなく配送を終わらせることが出来ています。

 

2018/07/12 23:17

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

本日の配送について、以下ご報告いたします。

・本日も昨日までと同様に被災の大きい地域には2名乗車を行なっての配送を行いました。
・昨日、主要幹線道路の31号線が開通したことで呉市内の渋滞は少し緩和されており、昨日までに比べて順調に行うことが出来ました。
・しかしその中でも、天応・坂地域の配送があり、このエリアについては本日が立ち入りができないエリアがあり、5件は配送が出来なく持ち帰っております。
・帰路の渋滞も少なくなっており、今日はすべての配送が19時半には帰着をしており、本日は担当者は少し早く業務を終了することが出来ていました。
・本日、専務理事が避難所を中心に回っていく予定にしておりましたが、車両トラブルでエンジンを切ることが出来なくなってしまい、満足に回ることが出来ませんでした。
・出発前に市に避難所の状況を確認したところ、物資は充足しているので、必要ないと言われましたが、実際には水が欲しいと言われる地域の方は沢山のいらっしゃいました。
・また、たまたま見かけて寄った避難所(集会所)では6家族の避難者でしたが、満足な物資は届いておらず水と食料(カレー)、古タオルをお届けさせていただいたところ、とても喜んでいただきました。
・それから本日は、組合員さんから配達や職員の体調についてお気遣いのお手紙をいただき、事務所にて全員で確認して本当に嬉しくなりました。
・明日は単協理事会ですので、専務理事は理事会に参加しますが、ほかの常勤は全て被災地対応に入る予定にしております。

 

2018/07/12 6:27

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

本日のおかやまの様子をご報告いたします。

配送について
・岡山市美咲町に通行止めがあり迂回対応となったため1時間半の遅れが生じましたが、その後は問題なく配達が完了しました。
・津山キープ&ショップへの商品搬入・OCR回収について、交通規制による渋滞が発生し帰着が30分程度遅くなりました。OCRの締時間を延長していただき対応することが出来ています。
・被害のあった岡山市南古都エリアの配送もありましたが配送はできています。
・その他、幹線道路に普段はない渋滞が発生していましたが、1便(上記岡山美咲町~津山方面)を除きほぼ定刻で帰着しています。

本日について
・道路交通情報と組合員からの情報で、通行止めの可能性があるコースが1コースありますが、迂回路で対応可能と考えています。
・津山キープ&ショップへの商品搬入・OCR回収について昨日同様の渋滞を予想しています。そのため、本日は別ルートを走ることで対応します。

 

2018/07/11 22:55

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

本日の配送について、以下ご報告いたします。

福山支部
・基本的には配送については、問題なく終了をしております。
・本日は少し被害があった本郷への配達がありましたが、少し時間に遅れが出たものの配送などには大きな支障はなかったようです。

東広島支部
・本日も交通渋滞に悩まされる配送となりました。中でも、被害が大きかった坂町・安浦町・瀬野・竹原の配達は2名乗車で行いました。
・竹原は報道されていた当初からはかなり復旧しており、道路やライフラインもほぼ復旧しており、無事に配達を終えております。
・安浦・安芸津のコースは、遅れなく開始したものの安浦駅周辺は地区によってライフラインが途絶えており、復旧にまだ時間がかかりそうな中での配達となりました。
・また、安芸津エリアも部分的に道路が寸断されており、組合員さんに途中まで取りにきてもらう等をして配達を終えております。
・瀬野のコースは、昨日よりも到着までに時間がかかり、配送途中も寸断された箇所は徒歩で持っていく等を行い、最終2時間遅れぐらいでの終了となり、且つ最終班については本日の配達を断念しております。
・坂のコースは、海側のエリアについては問題なく配達ができたものの、ニュース等でよく報道されていたエリアの被害はかなり酷く、現在も車での通行が困難な様子にあります。トラックを停めるスペースを近隣の方にお借りして徒歩での配達も可能な限り行いましたが、それでも5件の配達を断念しております。
・また、支部へ戻る道は大渋滞をしており、1台は21時半着・最後のトラックは22時着となりました。
・しかし、本日夜に主要幹線道路の1つ31号線が開通しましたので、明日から少しは渋滞が緩和されるのではないかと思っています。
・配送担当者は連日の渋滞や、いつもと違う配送に相当に疲れがたまってきておりますが、何とかあと2日間無事に乗り切りたいと考えています。

 

2018/07/10 23:14

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

本日の配送について、以下ご報告いたします。

ひろしま西支部
・商品入荷待っての出発となりましたが、通常通りの配送となっております。

ひろしま中央支部
・基本的には通常通りの配送を行っておりましたが、府中町という場所の河川の氾濫があり、配送ルートを一時変更しました。
・しかし、夕方には氾濫の影響もなくなりましたので、通常通りの配送に戻りました。

東広島支部
・昨日同様に被災の酷いエリアについては、2名乗車を行って配送を行いました。
・道路渋滞については、通行止め路線が減少しましたので、少しは緩和されていますが、それでも1~2時間遅れでの配送となっています。
・また、本日は昨日配送にいけなかった2便についての配送を行い、2件を除いては配送は完了しました。配送時には入荷いただいた、水とタオルを持ち出し、断水エリアではお水を配り、被災されたかたにはタオルをお届けしました。

福山支部
・基本的には通常の配達を行っていますが、水を配送便で組合員宅へ届けました。
・三原もエリアによっては水道が通っている場所もあるので「うちは良いから困っている地域へ届けてください」などのお声を頂いています。
・また、本日からグリーンコープ生協ひょうごの理事長がご主人のご実家が三原にあるということで、福山(三原)に入られました。
・福山支部長と私とひょうごの理事長とひろしまの理事で、尾道・三原の理事・地区委員や助成団体の組合員宅などへ水をケース単位でお届けし、それぞれ地域の組合員や困っている方へ届けてもらうようにしました。
・また、ひょうごの理事長のご親戚からの情報で尾道市役所で幼稚園・保育園で「おしりふき」や「ウェットティッシュ」が必要されているとのことから、福山で購入したものを市役所の子育て支援課へ届けました。
・尾道市役所で組合員とも合流し、向島の困っている方へ配ってもらえるように水を3ケースほど渡し、ご近所などへ配ってもらいました。
・市役所には物資が多数届いていましたので、生協として配達などお手伝いなど出来ることあればと市の職員の方へ伝えています。
・三原市へは道路状況も大きな問題なく向かえたので、地区委員宅へ水を届け近所など困っている人へ配ってもらうようにお願いし、ご近所のお年寄りからとても感謝されたと連絡がありました。

被災状況としては、家の流失・床上浸水・床下浸水など多数ありますが、今のところ伺った中では人的被害はお聞きしておりません。

 

2018/07/10 19:54

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

本日のおかやまの様子をご報告いたします。

本日の配送について
・通行止めの影響で幹線道路に渋滞が発生し(特に倉敷)、最大で2時間程度の遅れあり全担当者が帰着したのは19時前となりました。

岡山市平島エリア・南古都
・このエリアにお住まいの組合員が床上浸水の被害に遭われており、片付けが大変とお聞きしていましたので、本日は理事会メンバーがお手伝いにでかけました。
・また、このエリアの方に、グリーンコープの支援で届いた「ノンカップ麺」「カレー」「パックご飯」「ツナ缶」、キープ&ショップから飲料の「アップルシャワー」をお届けしました。
・冷たい飲み物や手軽に食べられるものでしたので、喜ばれていました。

倉敷市真備町
・昨日、避難場所になっている薗小学校を訪問した際に「おにぎりがあると嬉しい」と聞いていましたので、本日、理事会メンバーが約250個のおにぎりを作りお届けをしました。
・合わせて、グリーンコープの支援で届いた「ノンカップ麺」「カレー」「ご飯」「ツナ缶」「パックご飯」もお届けしました。
・お届け先では「お米を食べれていなかったのでとても嬉しい」「みんな喜びます」「他の食料までお届けいただきありがたい」と言われていました。

明日は業務を優先させますが、引き続き、被災された方々への対応を行って行きたいと考えています。

2018/07/09 22:09

<グリーンコープ生協ひろしま>からの報告

本日、東広島支部以外の配送は全て終了しました。

福山支部エリアについては、尾道・三原地域の断水が継続しており、組合員さんから水の要望が多数ありました。(これについては福山支部に納品いただけるように手配しました)

一番被害が広範囲な東広島支部については、2コースが配送断念となり、1コースは呉市内の渋滞に巻き込まれており、まだ帰着できておりません。

東広島支部については、道路の寸断に伴う交通渋滞が相当に出ており、配送に相当に時間を要す状況です。
道路の通行止めが解除されない限りこの状況は続くことになりますので、明日については東広島支部に、他支部・本部から5名の応援を入れて配送を行うようにしています。明日も安全第一で配送を行って行きたいと思います。

また、本日ボランティア団体繋がりから「断水が継続していて、水がなくて困っている」という連絡がありましたので、呉市天応南に水とタオルのお届けに伺いました。
連絡をいただいたところは、マンションで50世帯程度がいらっしゃるとのことでした。また、その近隣の組合員宅訪問も行い、タオルと水のお届けを行いました。
お届けした組合員からは、「本当にありがとうございます」 と涙ながらに仰っていただき、「帰りも気をつけてくださいね!」と逆に励ましをいただきました。

明日は配送を優先させますが、引き続き被災された方々への対応も行っていきたいと考えています。

 

2018/07/09 21:32

<グリーンコープ生協おかやま>からの報告

本日、安否確認が出来ていなかった組合員宅の訪問してきました。
その様子と、現地の様子についてご報告をいたします。

【岡山市東平島エリアの様子】
・岡山市内でも特に酷かった岡山市東区南古都、このエリアには4人の組合員がおられ、先日より連絡をしていましたが電話が通じないため、安否確認に訪問をしお二人にお会いすることができました。
・お二人、怪我こそありませんでしたが、かなりの床上浸水で、「掃除が大変。人手が欲しい」と言われていました。(おかやまで理事会メンバーで相談中です)
・たべものや日用品は、近所にあるスーパーマケットやホームセンターが営業していることもあり、今の所、不足はないとのことでした。
・本日は気温が高かったので、冷たくした高原朝霧茶を持参し、組合員と周辺の方にお渡しました。(大変喜ばれていました)
・組合員含めお話しできた近隣の方は避難はされていないとのことでした。
・家庭から出たゴミは近くの公園に集められておりました。
・ご年配の方も多かったのでそのフォロ-が必要かと思いました。

【倉敷市真備(まび)町の様子】
・真備町に向かう道はほとんど通行止めになっていて、通れる道を探すのに苦労しました。
・渋滞が激しく、真備町に入ったのは出発から3時間(通常1時間程度)かかりました。
・真備町内の水はほぼ引いていましたが、泥水が乾いておらず、ハンドルを取られることが何度かありました。
・信号は全て止まっていて、交通整理もありませんでした。
・道路には車や小屋や家などなど、散乱していました。

・弊組の準職員で被災している方の自宅に行きました。ご家族皆さん無事でした。(自宅は浸水でひどい状況でした)
・この地区がニュースで映像がたくさん流れていた地区です。
・家の2階まで浸水していました。庭には流れ着いたものなど散乱していました。

・その後、組合員宅を数件訪問しました。
・やはり、みなさん家の中はぐちゃぐちゃになっていました。「2階まで浸水。何からどうしていいのかわからない」とのことでした。
・こんな様子でしたが、「特に困ったことはない」とおっしゃられました。

・最後に避難場所になっていた薗小学校を訪問しました。
・国土交通省の方とお話ができました。
・「お茶」「おにぎり200個」が欲しいと言われていました。水やパンは十分あるそうです。その他も特に必要ないといわれました。
・お茶は持ち出ししていた、キープ&ショップの在庫を2ケース持ち出していたので、そのまま置いてきました。
・おにぎりは準備できればと言う範囲で構わないとのことでした。(現在おかやまで理事メンバーと相談中です)

1階部分まで浸水した跡がくっきりと残っています



西日本豪雨支援一覧へ

2018年7月16日

TOPへ