ふくおか 小倉南支部 支部食べもの委員会の「クルメキッコー工場見学・交流会」の報告です

クルメキッコー工場見学・交流会

日 時:2018年5月15日(火)
主 催:グリーンコープ生協ふくおか
    小倉南支部 支部食べもの委員会
交流先:クルメキッコー株式会社(福岡県久留米市)
参加者:組合員18人・子ども2人
    生産者・メーカー等1人

天気のいい日にみんなで久留米に行けました。
北九州から久留米は遠いかな?と思いながらも、みんなの「見学に行きたい」という思いを乗せて拡大食べもの委員会でクルメキッコーへ向かいました。
バスに乗ったら、渋滞もなく、参加者みんなで交流しているとあっという間に着きました。工場に入るときは、スリッパに履き替え、細かなネット状の白い帽子を全員かぶり、衛生面での気づかいを感じました。こうじ室での温度管理を体感したり、木樽の蓋の上を歩き、木樽を混ぜさせてもらえました。足を踏み入れる場所ごとに香りが違い、香りや温度は伝えられないことなので、ここに来ることができて本当に良かったと思いました。
会議室で昼食時間も過ごさせてもらえて、楽しい見学交流会となりました。


クルメキッコーの創業以来の思いと
原材料の説明を熱心に聞きます。


創業以来守られてきた木桶の醤油を
混ぜさせてもらいました。


搾った後も美味しそう。牛の飼料になるそうです。

2018年7月11日

TOPへ