ふくおかの福岡地域のおまつり「30th anniversary 元気フェスタ」が開催されました

 

グリーンコープ生協ふくおか福岡地域の「30th anniversary 元気フェスタ」が、6月24日に福岡市のエルガーラホールで開催されました。

昨年10月30日にも同じ建物内で「グリーンコーププレゼンツ グリーンクラブフェスタ」を行った際は、約400人の来場でしたが、今回は、それを大きく上回る2127人の方が来場されました。ご家族連れが多く、ご家族のみなさんにグリーンコープを知っていただくよい機会となりました。

グリーンコープの取引メーカーや産直生産者がグリーンコープ自慢の商品で出店。食べものや飲みもの、ケーキの試食やグリーンコープ商品の販売だけでなく、グリーンコープの運動についても、各コーナーで工夫を凝らして来場者へアピールしていました。

たくさんの来場者でにぎわう会場


エレベーターホールで来場者をお出迎えした元気くん。
子どもたちに大人気。

ホワイトソフトマーガリンのメーカー田中藍の
コーナー。おいしさのわけを伝えていました。

彩生舎のコーナーにはアロマが取り揃えてあり、
好きな香りが選べました

アロマ珈琲のコーナーで
ナチュラレッサ珈琲を試飲して、商品を選ぶ人たち

りんご酢を使ったドリンクの試飲をすすめながら、
こだわりの酢の製法について説明をする組合員

ファイバーリサイクルや民衆交易、福祉用品の
コーナーなど、グリーンコープのすべてが
分かるようになっていました。

ファイバーリサイクルの衣類はパキスタンの
子どもたちの教育支援につながると説明する
リサイクルショップ「ゆう*あい」のワーカー

「この機会にどうぞ、試食してみてください」

「味噌は伝統的な製法でじっくり作っています」

ナカシン冷食ではマンゴーの試食やマンゴープリンを
販売。ふくおかの三原理事長(中央)もお手伝い

「国産さばの南蛮漬」の試食が大人気で
準備に大忙しの金子産業のコーナー

試食や試飲で大人気のメーカーのコーナー

エムシーサービスの化粧品の説明を聞く来場者

新鮮な野菜や果物を産直生産者が直接販売。

障がい者疑似体験で、おもりやゴーグルなどを装着してゲームにトライ。
装着してない時は上手にできたゲームも、思うように体が動かずうまくいかない。

子どもパンケーキづくりのコーナーでは、「コンシェルジェ」のワーカーが作り方をていねいに教えていました。
子どもたちの真剣な表情はママやパパがスマホで撮影。
できあがったパンケーキは家族でおいしそうに食べていました。


手作りせっけんコーナーでは、組合員が作り方をやさしく教えてくれるので大人気

子どもたちが楽しめるよう、
組合員によるおかしすくいコーナーも

 民衆交易コーヒーの試飲をしながら
民衆交易の話に耳を傾ける来場者


「金銭教育」や「消費生活支援」を行っている「FP円縁」のワーカーが家計の相談に対応

2018年7月5日

TOPへ