「産直生産者への農業復興支援カンパ」のご報告

2017年7月に発生した九州北部豪雨でグリーンコープの産直生産者が受けた被害は甚大なものでした。
引き続き支援するために、また1月の寒波による積雪被害に遭われた生産者も支援しようと、

3/12週配布のチラシで2週間にわたり「産直生産者への農業復興支援カンパ」を募りました。
その結果、組合員のみなさんから4,708,300円が寄せられました。

ご協力、誠にありがとうございました。

いただいたカンパ金は、グリーンコープが責任を持って被害の大きかった産直生産者(グループ)へお見舞金としてお届けします。

<お見舞金をお届けする生産者グループ>
ASOねこだけ工房(熊本県)
御岳会(熊本県)
小石原産直がんばろ会(福岡県)
小石原梨部会(福岡県)
グリーンあさくら(福岡県)
めぐみの会(福岡県)
日野農園グループ(福岡県)
筑前あさくら農協朝倉(福岡県)

<カンパ金の内訳>
前回(第1弾)繰越金  100円
カンパ入金   4,708,300円
拠出金(今回) 4,704,000円
残金          4,400円

※ASOねこだけ工房は、九州北部豪雨ではなく2年前の熊本地震で被災した生産者ですが、灌水設備に被害を受け、再建設には高額の費用がかかることから、また、御岳会は2018年1月上旬の寒波による積雪のため農業用ハウス1棟が潰れてしまったため、今回お見舞金をお届けすることにしました。

※国や行政などの公的機関から住居や仮設住宅などの支援は進んでいますが、畑や園地へは被害状況の確認、助成金の予算組みなどに時間を要しており、助成金の支払いや農地への支援がほとんど進んでいません。よって、今回はハウス被害や圃場(園地)被害への見舞金を手厚くしています。


カンパの呼びかけはコチラ

2018年5月29日

TOPへ