神在太陽光発電所 安全祈願祭

安全祈願祭が執り行われました

グリーンコープの市民発電所・第1号となる福岡県糸島市の「神在太陽光発電所」の工事がはじまりました。

4月18日、神在太陽光発電所本体の工事開始にあたって、工事の無事や安全、そしてこの市民発電所の繁栄を祈願するための安全祈願祭が執り行われました。

「神在太陽光発電所」の竣工は8月末、9月中旬の運転開始をめざしています。

 

安全祈願祭のようす

安全祈願祭のようす

 

オールグリーンコープとして記念すべき初めての取り組みです。来賓として地元の神在一行政区区長や糸島市職員のみなさんにもご出席いただき、建設主として、この事業を推進する「グリーン・市民電力」からは田中会長ら3人、地元のふくおかをはじめ単協代表を含むグリーンコープ関係者19人、設計施工主として株式会社九電工など多数が参列しました。

安全を祈願するグリーン・市民電力 会長の田中さん(左)とグリーンコープ生協ふくおかの理事長 大橋さん

安全を祈願するグリーン・市民電力 会長の田中さん

 

安全を祈願するグリーン・市民電力 会長の田中さん(左)とグリーンコープ生協ふくおかの理事長 大橋さん

グリーンコープ生協ふくおかの理事長 大橋さん

 

 

●施主あいさつ

一般社団法人グリーン・市民電力 会長の田中さん

一般社団法人グリーン・市民電力 会長の田中さん

グリーンコープの組合員もこの地に足を運び、私たちの発電所であるという実感を持てるような取り組みにしていきます。そして、神在地区の中で糸島市や地域の皆さんに愛される発電所をめざします。

 

●施工者祝辞
株式会社九電工 福岡支店長

株式会社九電工 福岡支店長

現在、太陽光発電のエネルギー効率は12%ですが、再生可能エネルギーの技術革新はめざましく、エネルギー効率50%という日も来ると思います。自然エネルギーで生活できる時代が来ることも考えられます。
施工者として、9月中旬の運用開始に向けて、安全第一で素晴らしい施設を建設します。

 

 

 

 

 

太陽光発電所建設に向け、いよいよ工事がスタート!

 

工事用の仮設道路ができました

工事用の仮設道路ができました

これまで、地元の神在地区とは、工事についての説明会をはじめ丁寧に対話しながら、太陽光発電所建設への理解をいただいてきました。
工事をすすめるにあたっては、狭い生活道路を大型の工事用車輌が通行することに地元から不安が出されたため、工事用仮設道路をつくって対応することにしました。3月11日に造りはじめた仮設道路は完成し、すでに利用されています。

 

用地造成がすすんでいます

用地造成がすすんでいます

4月に入って用地や周辺の樹木伐採と、用地造成がすすんでいます。かつての草木が生い茂っていた風景から一変、出力1057kwになる太陽光パネル(4228枚)が敷き詰められたようすをイメージできるまでになりました。

2013年4月18日

TOPへ