商品 産直たまご
鮮度の良さが自慢!卵黄・卵白の盛り上がりが違います。
鮮度の良さが自慢!卵黄・卵白の盛り上がりが違います。産直たまご
「元気いっぱい産直たまご」と
「国産穀物を使った産直たまご」があります。

※組合員に公募し、「元気いっぱい産直たまご」というすてきな名前がつきました。

non-GMO原料の飼料で育てた健康な母鶏から産まれます
 安心して食べてほしいから、母鶏に与える飼料からこだわりました。たまごを産む重要な期間、母鶏に与える飼料はすべてnon-GMO(遺伝子組み換えでない)飼料を使用。 また、その中のとうもろこしは、さらにポストハーベストフリー(収穫後の農薬不使用)です。 グリーンファーム久住(生産者グループの一つ)

飼料の20%以上を国産穀物(飼料米)に切り替え!
 産直たまごの飼料も国産を追求し、2010年に飼料の5%を飼料米に切り替えました。 その後、2011年に15%、2012年に20%と配合割合を増やし、2016年現在は20%以上配合しています。

自然の風や日光が当たる開放型鶏舎
 元気で丈夫な鶏種の母鶏を、自然の風や日光が当たる開放型の鶏舎で、健康的に育てています。

出荷から配達まで一貫した低温流通
農場から冷蔵車に積み込む様子
 たまごを雑菌から守る卵殻やクチクラ層をこわさないよう、表面を洗わずにお届けします。出荷から配達まで、一貫した低温流通だから、鮮度を保ち、菌の増殖を抑えます。

産直たまごを原料につくっています(一例)
産直たまごを原料につくっています(一例) 産直たまごを原料につくっています(一例)

国産穀物を使った産直たまご

国産農産物を応援する取り組みとして「国産穀物を使った産直たまご」を供給しています。飼料の約85%を占める穀物(玄米・大豆粕・きなこ)はすべて国産で、その他の飼料もできるだけ国産のものを使っています。輸入とうもろこしを使っていないため、黄身はレモンイエロー色なのが特徴です。
GC国産穀物を使った産直たまご


前のページへ戻る