NEWS
2015年度グリーンコープ共同体
酪農ホームステイの報告です。〜その1

 

GC産直びん牛乳のふるさとで、

子どもたちが

生産者のお宅にホームステイして
酪農体験をしました

 

 

実施日:2015年7月18日〜20日
場所:熊本県菊池市


 

今年は、おかやま、ひろしま、やまぐち、くまもと、おおいた、かごしまから22人の子どもたちが、熊本県菊池地域にある10戸の生乳生産者宅に2泊3日でホームステイし、酪農体験を行いました。早朝と夕方の搾乳や牛舎の清掃、子牛へのミルクやりなど、一つひとつの作業内容を生産者から教えてもらいながら進めました。生きた牛に触れ、お乳の温かさを感じ、生き物を扱う仕事の大変さもちょっぴり実感できました。
3日間にわたるホームステイのようすを報告します。

 


1日目。菊池地域農業協同組合農業総合情報センター(パシオン)に集まった子どもたちは、グリーンコープのびん牛乳ができるまでを学習し、牛に関するクイズに挑戦しました。

 

 

全問正解者はいるかな

全問正解者はいるかな

 

「牛は1日に20リットルから30リットルのお乳を出します。牛も人間と同じように赤ちゃんを産まないとお

「牛は1日に20リットルから30リットルのお乳を出します。牛も人間と同じように赤ちゃんを産まないとお乳は出ないんですよ」と説明する獣医さん

 

「対面式」のようす。ホームステイ先の生産者の皆さんと初めて会いました

「対面式」のようす。ホームステイ先の生産者の皆さんと初めて会いました

 

 

「3日間よろしくお願いしま〜す」。緊張気味でごあいさつ

「3日間よろしくお願いしま〜す」。緊張気味でごあいさつ

 

 

 

その2はコチラ



前のページへ戻る