びん牛乳
びん牛乳イメージ グリーンコープの牛乳物語
グリーンコープの牛乳の歴史は、成分無調整牛乳の共同購入から出発しておよそ40年。1988年にノンホモ・パスチャライズ牛乳を開発、1998年に母牛の飼料をnon-GMO(遺伝子組み換えでない)に変更。そして2003年11月、ようやく私たちの理想のカタチ、びん牛乳が誕生!私たちの牛乳は、グリーンコープの成長と共に歩んできました。そしていつもそこにあったのは、家族の健康を願う、組合員の「母親の愛情」なのです。

びん牛乳イメージ
 びん牛乳開発物語


GNN Green Now News
びん牛乳ニュース

びんの中においしさがぎゅっと詰まっています
グリーンコープのびん牛乳 おいしさのヒミツ
画像をクリックすると「おいしさのヒミツ」がわかります

 びん牛乳工場を見学しよう



「びん牛乳工場を見学しよう。」のコンテンツをご覧になるには、Adobe(R) Flash Player(R)が必要です。お持ちでない方はこちらよりダウンロードいただけます。


日本初のnon-GMO飼料による牛乳 一般的に、母牛の飼料に使われる作物で「とうもろこし・大豆粕・なたね粕・きな粉」はGMO(遺伝子組み換え作物)の可能性があります。
グリーンコープでは、母牛の飼料はすべてnon-GMO(遺伝子組み換えでない)です。主飼料のとうもろこしはさらにポストハーベストフリー(収穫後の農薬不使用)です。

 non-GMO産直びん牛乳


より生乳に近い牛乳。72℃15秒間のパスチャライズ殺菌 良質な生乳を、より自然に近い形で、と追求したのが「パスチャライゼーション」。人間にとって有害な菌を死滅させ、かつ生乳の持つ本来の成分(体への吸収率が高い水溶性カルシウムやホエーたんぱくなど)や風味をできる限り損なわない殺菌方法です。
日本で市販されているのは、ほとんどが120℃以上2〜3秒で処理される超高温殺菌牛乳(UHT牛乳)です。これほど高い割合でUHT牛乳が生産・消費されている国は世界的にまれです。
  ※ 産直わが家風カフェミルクはパスチャライズ殺菌ではありません。
 パスチャライズ牛乳について  「ノンホモ」と「パス」の違いって何?
 レンネットテスト、白濁テスト
 確かな安心・安全のしくみ


環境にやさしいリユースびん びんは牛乳のおいしさを大切に保ってくれます。
1本約300gの超軽量びんで、供給される牛乳びんの99%は回収・再使用されています。
またキャップも回収し、他のプラスチック製品にリサイクルします。
さっとすすいで、キャップを付けて返してください。
  ※乾くと汚れがこびりつくので、すすいですぐにキャップをしてください。
 リユースびんのご案内  キャップもリサイクル


お互いの顔が見える関係づくり
産直びん牛乳の産地は、熊本県菊池地域農協管内。約20戸の酪農家から届けられる生乳からつくられます。「酪農ホームステイ」「タオルを贈る取り組み」、産地視察などを通して、組合員と生産者はお互いの顔が見える信頼関係を築いています。
酪農ホームステイ
酪農ホームステイ

 牛乳の産地・びん牛乳のふるさと
 酪農ホームステイ 2015年 2014年
 酪農生産者交流会 2015年12月 2015年5月


みんなで守り育てる産直びん牛乳 産直びん牛乳は、グリーンコープ専用のびん牛乳工場でつくられています。その専用工場は、2003年9月に組合員が出資した「みるく出資金」で建設されたみんなの財産です。みんなで守り育てていきましょう。



機械設備(充填機器工程ライン一式、洗びん工程ライン一式など)を購入するために、組合員から「みるく出資金」を募り、約4億6千万円が集まりました。
※「みるく出資金」は2010年3月に、出資していただいた組合員へお返ししました。
グリーンコープびん牛乳専用工場(福岡)

びん牛乳ニュース GNN Green Now News