NEWS

2013年度グリーンコープ共同体
酪農ホームステイ
2013年度酪農ホームステイ

GC産直びん牛乳の生乳生産者の家にホームステイして、
酪農体験をしました!

実施日:2013年7月20日〜22日
場  所:熊本県菊池市

今年は各単協から34人の子どもたちが、熊本県菊池地域の17戸の生乳生産者宅で、2泊3日の酪農体験をしました。 子どもたちは牛舎の掃除やえさやり、搾乳、タオル洗いなどを体験し、少しずつ牛に馴れながらいろんなことにチャレンジしました。 酪農家の苦労や、いのち、食べものの大切さを学んだ貴重な体験となりました。その様子を紹介します。

1日目、子どもたちは熊本県菊池市のパシオン(JA菊池農業総合情報センター)で、産直びん牛乳ができるまでの説明を受け、 獣医さんから出された牛と牛乳についての学習クイズを解きながら酪農のことについて学びました。

酪農生産者との対面式では最初は少し緊張ぎみの子どもたちも、みんなで自己紹介するうちに、笑顔になりました。 これから3日間、よろしくお願いします!!

2日目、朝6時から牛の世話をします。牛が食べやすいようにえさを集めたり、 食欲旺盛の子牛にミルク(調整乳)をつくって飲ませます。哺乳瓶の2リットルのミルクは5分ほどで空になります。

もうすぐお産を迎える母牛。お腹が大きくて苦しそうです。
どの生産者の農場にもかわいい子牛が健やかに育っていました。
 もうすぐお産を迎える母牛。お腹が大きくて
 苦しそうです。

 どの生産者の農場にもかわいい子牛が
 健やかに育っていました。

タオルでおっぱいをきれいに拭いたあと、機械を使っての搾乳を教えてもらい、 上手にできるようになりました。搾ったあとは乳房を消毒します。

汗だくになりながらも掃除をがんばった!
生産者のお子さんとも仲良しに!
 汗だくになりながらも掃除をがんばった!

 生産者のお子さんとも仲良しに!

解散式では子どもを代表して2人が感想とお礼を述べました。
「作業は力仕事で大変なこともあったけど、ホームステイの体験で学んだことを友達や家族に伝えたいと思います。懇親会での楽しい思い出をありがとうございました。お世話になりました」
「ホームステイの体験を糧にしていろいろなことに挑戦していきたいです。酪農家の皆さんをはじめ、今回ご協力いただいたたくさんの方々に感謝します」
 「作業は力仕事で大変なこともあったけど、
 ホームステイの体験で学んだことを友達や
 家族に伝えたいと思います。懇親会での
 楽しい思い出をありがとうございました。
 お世話になりました」

 「ホームステイの体験を糧にして
 いろいろなことに挑戦していきたいです。
 酪農家の皆さんをはじめ、
 今回ご協力いただいたたくさんの方々に
 感謝します」

参加者を代表して「夏のいい思い出ができてよかった!」と、修了証を笑顔で受け取りました。

 参加者を代表して
 「夏のいい思い出ができてよかった!」と、
 修了証を笑顔で受け取りました。
最後にみんなで記念撮影。これから毎日飲むびん牛乳がもっともっとおいしく感じる体験となりました。
最後にみんなで記念撮影。
 これから毎日飲むびん牛乳がもっともっとおいしく感じる体験となりました。


前のページへ戻る