はじめましてグリーンコープです グリーンコープの基本理念

四つの共生
 グリーンコープに集う人たちが、それぞれに生かし生かされ、支えあって共に生きる、「四つの共生」。それがいつもバックグラウンドにあります。
自然と人の共生
人間は自然の一部として存在する生き物です。自然の中で生かされ、自然と共存しながら生きる道をグリーンコープは模索します。「みどりの地球をみどりのままで」、未来の子どもたちに引き渡すのが今を生きる私たちの役目です。 人と人の共生
グリーンコープとは、「人」が集まり、その人たちの意志が創り出す集合体です。そこに集う一人ひとりが生き生きと関係し合う、共感があったり、反発があったり、調和があったり…、人と人が織り成す連帯組織がグリ―ンコープそのものです。「自然と人」「南と北」「女と男」の共生の最終着地点は人間同士の連帯・共生です。 女と男の共生
女だから、男だから、と区別されない、女と男が共に生き合える社会をグリーンコープはめざします。 南と北の共生
地球上に先進国(北の国々)と途上国(南の国々)があり、日本は先進国の一つです。途上国が貧しいのは先進国が豊かさを追求するからだとグリーンコープは考えます。また、「南」の人たちの生命も「北」の人の生命も同じ重さであり、「南と連帯」することで真の豊かさを知り、私たちの生命を守ることになると考えています。


「生命・自然・暮らし」を守る
 「もっと安全でおいしい食べものを!」「もっと心豊かな暮らしを!」「安心して生きられる社会を!」消費者の願いからはじまったグリーンコープは、自分たちの手で夢を実現していくところです。


グリーンコープ参加の三原則
 利用する組合員が出資者であり、グリーンコープを運営する主人公でもあるのです。
みんなの思いや願いを一つずつカタチにし、自分たちの暮らしに生かしていく、それがグリーンコープです。

「出資」…一人ひとりの出資金によって事業が成り立っています。
「利用」…組合員の利用がグリーンコープを支え、組合員の声が新たな商品を生み出します。
「運営」…運営のすべても組合員の手で行っています。

グリーンコープ参加の三原則


生協とは
 加入した組合員の生活を守り、組合員の願いを実現していくために支え合い、協同していく組織です。



 グリーンコープ共同体 設立趣意書

前のページへ戻る