NEWS
2017年度「第20回青少年ネグロス体験ツアー」
<その1>

日程:2017年7月22日(土)〜29日(土)
主催:グリーンコープ共同体

グリーンコープでは、ネグロスとの共生・連帯する
取り組みの一環として、 組合員の子どもたちによる
青少年ネグロス体験ツアーを実施しています。
2017年度は、
グリーンコープ生協おおさか
グリーンコープ生協ひょうご
グリーンコープ生協とっとり
グリーンコープ生協おかやま
グリーンコープ生協ひろしま
グリーンコープ生協ふくおかの
青少年9名が参加しました。



7月22(土)

結団式を行ないました。
期待と不安を抱きながら、福岡空港へ向かいました。
搭乗を待つ間に、ニックネームで呼び合うくらい、あっという間に仲良くなり、笑顔でネグロスへ向けて出発しました。



7月23(日)
マニラ空港からバコロドへ飛行機で移動し、ジープニーで※カネシゲファーム・ルーラルキャンパスへ。

カネシゲファーム・ルーラルキャンパスに到着。
ネグロスユースと初対面し、さっそく、最初のワークショップ!
言葉はほとんど通じませんでしたが、バライ(家)・タオ(人)・バギュオ(台風)のワークショップなどをとおして、ネグロスユースと少しずつ距離が縮まりました♪


カネシゲファーム内のBMW施設を見学し、BMW生物活性水のシステムについて説明を受けました。


元グリーンコープ連合専務理事の兼重さんのお墓の前で、
通訳の大橋さんより説明を聞きました。 その後、全員でお墓まいりを行ないました。

ジャパンユース、ネグロスユース
みんなで、歌って踊って、
楽しい時間を過ごし、
すっかり仲良くなりました。

ネグロスユースが
ネグロスの歴史についての、創作劇を披露してくれました。
1週間前から準備をされていて、フィリピンの歴史がわかりました。

盛りだくさんの1日でした。
みんなでいただくご飯は、
とってもおいしかった!


7月24日(月)

カネシゲファーム・ルーラルキャンパスを出発し、バコロド市内のスーパーに寄った後、チキンデリで昼食。
大きい焼き鳥の食べ方をネグロスユースが丁寧に教えてくれました。
手とフォークとナイフを使って、豪快に食べました!

民泊するティソン村に到着。
ウェルカムドリンクのココナッツジュースをいただきました。
のどは潤ったけど、味は、微妙でした…


ティソン村で飼育している
豚小屋を見学しました。
広々した豚舎に
ゆったりと豚がくつろいでいて、
思っていたより臭いはしませんでした。

農作業体験で、唐辛子の苗を植えました。

夜は班にわかれて食事作り。
言葉は通じなくても、みんなで協力しておいしいごはんができました!

<その2へ続く>



前のページへ戻る