NEWS
自然エネルギーによる市民発電所建設に向け
糸島市と環境保全に関する協定書を締結しました!

協定書を交わすグリーン・市民電力会長 田中裕子さん(グリーンコープ共同体代表理事)(左)、糸島市

協定書を交わす

グリーン・市民電力会長 田中裕子さん(グリーンコープ共同体代表理事)(左)と

糸島市長 松本嶺男さん(右)

 

 

* * * * * * * * * * * * 

 

 

グリーンコープは、自然エネルギーによる市民発電所(太陽光発電所)を糸島市に建設します。

 

2013年2月27日(水)、糸島市役所において、「グリーン・市民電力」と「糸島市」による「太陽光発電設備等設置に係る環境保全協定書」の締結式が行われました。

 

グリーンコープの市民発電事業は、「一般社団法人グリーン・市民電力(※)」が担います。

 

この自然エネルギーによる市民発電所は、糸島市の再生可能エネルギー普及を促進するという方針に即したものであり、協定書は施設そのものの環境保全を謳った内容です。

 

 

「3.11東日本大震災」における東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、グリーンコープは、市民自らで電気をつくり出す事業に踏み出そうと、その実現に向けて邁進してきました。

 

このたび、糸島市の協力を得て、太陽光発電所(約1メガワット)を糸島市神在地区に建設することになりました。約2万平方メートルの敷地に、太陽光パネル4,228枚を設置。一般家庭の約280世帯分を賄う発電量です。

 

工事は3月にまず仮設道路から着工し、9月竣工、10月稼動をめざしています。

 

 

※2012年10月29日、電気を国や電力会社任せにせず、市民がつくり出す連帯によって発電事業を推進していくことを目的に設立



前のページへ戻る